登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の資格が活かせる職場と働き方

登録販売者は医薬品の販売に関わるスペシャリストで、公的な資格がないとその名称を名乗ったり業務に従事したりできません。国民の健康に対する関心の高まりを受け、その存在は注目を集めつつあります。医薬品業界における規制緩和の動きもあって、その資格を活かして活躍する機会は年々増加するとともに多様化してきています。

市販される医薬品に関する情報提供が主な仕事

登録販売者は2009年に創設された資格で、医薬品を店頭販売する際に購入者からの相談に応じて商品の特徴や効能などを説明したり、副作用に関する注意喚起を行ったりといった情報提供を担当します。こうした業務は、従来は薬剤師という国家資格を持った者にのみ行わせることができるとされていました。

しかし薬剤師については従来から慢性的な人員不足の傾向にあったこと、資格を取得するには大学等で専門の養成課程で学んだ後に国家試験に合格する必要があることなどから、数を増やすことが簡単ではありませんでした。そのため、人材をより確保しやすくすることを目的として登録販売者制度が設けられました。

といっても、薬剤師と登録販売者はまったく同じ資格ではありません。違いはいくつかありますが、その1つとして挙げられるものが調剤業務です。いわゆる調剤薬局と呼ばれる店舗では医療機関で発行された処方箋に従って薬剤を調合・販売しますが、これを行えるのは薬剤師だけです。

また、店頭で市販されている医薬品は第1類から第3類までの3つのカテゴリーに分けられていますが、これらすべての販売に携われるのは薬剤師だけで、登録販売者は第2類及び第3類の2つのカテゴリーに属する商品の販売に携わることができます。つまり登録販売者は、薬剤師ほどは専門性が高くないものの、医薬品販売に関わるスペシャリストとして働ける資格であるということになります。

薬局以外にも活躍できる場所は豊富にある

登録販売者は都道府県ごとに毎年1回行われる試験に合格し、各都道府県が保有する名簿に販売従事者として名前が登録されることで業務に従事できるようになります。具体的な就業場所はというと、これはいうまでもなく薬局・薬店・ドラッグストアなどが中心です。

医薬品を販売する者は、営業時間中は薬剤師または登録販売者を常駐させることが法律によって義務付けられています。なお、登録販売者のみを配置して薬剤師を置いていない薬局などでは、先に述べた通り第1類医薬品を販売できません。しかし市場に出回っている医薬品のうち9割以上が第2類及び第3類に属するため、薬剤師がいなくても実際には業務にそれほど支障は生じません。

また、最近では薬局等の専門店以外でも医薬品の販売を行うところが増えてきています。具体的にはスーパー、コンビニエンスストア、ホームセンターなどがこれに該当しますが、こうした店舗にも法律上の配置義務は適用されるため、当然ながら有資格者の活躍のチャンスとなります。

さらに、医療関係の求人情報サイトなどを見ていると、通販事業者が登録販売者を募集しているのを目にすることがありますが、これは規制緩和によって一部医薬品のネット販売が認められたことによるものです。通信販売においても有資格者の持つ専門知識を活かすことができるようになっています。

働き方は店頭販売がメインだが身分はいろいろ

薬局や薬店などで登録販売者が実際にどのような働き方をしているかというと、これは職場ごとに多種多様です。最も多く見られるのは一般的な販売スタッフと同じようにレジで会計作業を行いつつ、購入された商品が第2類または第3類医薬品であった場合は、購入者の求めに応じて情報提供を行うというスタイルです。

これが規模の大きな店舗であれば、代金の精算などは他のスタッフが行い、自らはアドバイザー的な役割に徹するという形式をとることもあります。反対に、規模の小さなところでは品出しや在庫管理などバックヤード業務に携わったりします。

また、雇用上の身分もさまざまです。正社員として採用される場合もあれば、パート・アルバイト採用になるところもあります。とくにコンビニエンスストアのように24時間営業している店舗では、日中のコアな時間帯は薬剤師が業務に従事し、深夜や早朝は登録販売者がパートタイムで勤務するといった例がよく見られます。

なお、登録販売者は資格を取得しても一定期間の実務経験を積まないと単独で業務に従事できません。そのため、未経験者はまずパートやアルバイトで補助的な業務に従事し、所定の経験年数を満たすとともに正社員に登用されるというケースもあります。

ユニークな働き方としては、コールセンター勤務があります。これは医薬品を通信販売している事業者のケースで、有資格者はオペレーターとして電話対応を行い、商品に対する顧客からの問い合わせ等に応えるものです。

 

健康を保つための必需品である医薬品に対する需要は安定していることから、登録販売者の資格を持つ者の就業機会も豊富です。ただし専門家として求められるものも多いことから、資格取得後も継続して知識を習得することがいっそうの活躍につながります

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧