登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

「登録販売者」ってどんな仕事?

薬を手に持って見せている画像
登録販売者資格がどのようなものなのか、取得することでなにができるようになるのか、薬剤師との違いなどなど…。こちらのコラムでは「登録販売者」のあれこれをまとめて解説しています。

せっかく資格を取得したのなら仕事のスキルアップを目指したり、新しい仕事に挑戦してみたり、自分にとっても周りの人にとっても何かプラスになるようなことにつながるといいですよね!今、登録販売者が活躍できる場は広がっているので、何に活かせるのか、どんなことに役立てたいかを考えながら求人探しをすると良いでしょう。

登録販売者とは?

熱が出たとき、おなかの調子が悪いとき、すぐに病院には行かずにドラッグストアなどで購入した薬で体調を整えようとする方も多いのではないでしょうか?かぜ薬や胃薬、鎮痛剤などの市販薬を自宅に常備しているという方も多いでしょう。

このように医師の処方箋が無くてもドラッグストアなどで買える薬のことを「一般用医薬品」と呼びます。2009年に改正薬事法が施行されてからというもの、薬剤師がいない場合でも一般用医薬品を販売できるようになりました

そのため、新規事業として医薬品の販売を開始した店が増加。急速に医薬品の売り場が拡大し、それとともに医薬品の知識が必要な場面が増えてきました。

しかしもちろん、一般用医薬品であっても誰が販売しても良いというわけではありません。日本では医師や薬剤師のほかに、登録販売者資格の保有者のみが医薬品を販売する資格を与えられています。

登録販売者資格は、1年に1度実施される資格試験の合格者のみが取得できるもので、第2類・第3類のみの一般用医薬品の販売が可能です。資格試験には実務経験や年齢制限などの規定がないため、業界未経験者であっても誰でも受験することができます。

受験ハードルの低さ、社会的に需要が高まっていることから、今、登録販売者資格の人気が上昇しています。

薬剤師と登録販売者の違いは?

薬剤師と登録販売者の両者を比べたとき、薬を販売するという点では同じ役割のように見えてしまいますが、実は販売できる医薬品の種類、調剤できるかできないかの大きな違いがあります

販売できる医薬品の種類

一般用医薬品は第1類、第2類、第3類のリスク区分という3つのカテゴリに分けられています。リスク区分は薬事法上の規定に沿って、副作用による健康被害のリスクがある危険性の高さごとに振り分けられています。

第1類医薬品は3つの中で最もリスクが高く、副作用で日常生活に支障をきたす可能性があり、使用に注意が必要なもの。または一般用医薬品として承認されてから指定の期間を過ぎていないものが含まれます。

第2類医薬品は、副作用によってまれに入院するほどの健康被害が起きる可能性がある医薬品のことを指します。よく耳にする「指定第2類医薬品」というのは、第2類医薬品の中でも特に注意が必要なものとされているもののことを言います。

第3類医薬品は、日常生活に支障をきたすほどではないが、体に不調が起こる可能性があるものを指しています。第3類は比較的リスクが少ない医薬品とされているため、インターネットでの購入も可能です。

薬剤師はこの一般用医薬品のうち、第1類から第3類までの全ての薬を販売することができます。反対に、登録販売者は第2類・第3類のみの販売となり、販売できる薬の種類が制限されます

調剤できる・できない

薬剤師は医師の処方箋を基に、調剤をおこなうことができますが、登録販売者は資格がないためできません。業務内容を見ると登録販売者と比べて薬剤師のほうが、より専門的な分野に力を発揮していると考えてよいでしょう。

登録販売者には販売できる薬の種類や調剤業務の制限こそありますが、薬剤師と同様、医薬品に関する知識を持つ重要なスキルを有していると言えます。

資格を取るメリット

国家資格だから社会的信用性が高い

登録販売者は医薬品販売専門の国家資格のため、社会的信用性が非常に高い資格です。就職・転職時にも重要なスキルとして認められるので、自分の能力としてアピールでき、優遇される可能性が高くなります。

資格手当てが期待できる

登録販売者資格を持つことで、職場によっては資格手当てとして給与に加算される可能性が高くなります。

活躍の幅が広い

資格を取得しても以前はドラッグストアや調剤薬局のスタッフとして働くケースが多かったのですが、最近ではスーパーやコンビニ、ホームセンターなどの求人も増え、薬を販売しているお店なら販売員としてどこでも就職できる可能性が高まっています。

もちろん販売業だけでなく、介護やエステサロン、薬局の独立開業など幅広い業種で資格を活かすことができます

登録販売者の試験情報

登録販売者の資格取得にはメリットがたくさんあることが伝わったことと思います。そこで気になる、登録販売者になるための資格取得試験情報についてもご紹介していきます。

登録販売者になるための試験は、年に1回各都道府県で行われています。各都道府県によって、試験実施日や受験場所が異なるので自分がどの地域で受けるのかしっかり確認することを強くおすすめします。

年に1回しか行われない登録販売者の試験ですが、試験日が異なる他の地域での複数受験が可能になっています。しかし近隣の県の試験日が同じに日程になっているので現実的には重複受験は厳しいでしょう。

試験地域は、住んでいる地域(住民票がある地域)に限定されていないので、勤務先の地域を選択しても問題ないので、登録販売責任者試験を受験しやすい地域で受験できるのは助かりますね

登録販売者試験の基本情報

・受験資格:学歴・実務経験不問
・受験料金:1万2,800円~1万8,100円(各都道府県により異なる)
・試験実施日:令和元年を例にすると8月20日~12月8日(各都道府県により異なる)
・試験会場:各都道府県の指定する場所
・合格発表日:令和元年を例にすると2019年10月4日~2020年1月(各都道府県により異なる)

登録販売者試験出題範囲のポイント

登録販売者の試験範囲については、厚生労働省で細かく発表していますが簡単にご紹介すると、販売登録者の仕事を行う上で重要となる内容がそのまま試験に出題されます。合格基準に関しては、出題された総数に対して7割程度の正答をし、且つ出題されているすべての項目(下記5項目)で4割以上の正答が要件になります

・医薬品に共通する特性と基本的な知識
・人体の働きと医薬品
・薬事に関する法規と制度
・主な医薬品とその作用
・医薬品の適正使用と安全対策

登録販売者試験の合格率は、都道府県により異なります。2019年10月時点を例に挙げると全国平均で約45.9%になっています。国家試験の中では学歴も経験も問われず合格率も高い資格試験になっている印象が強くあり人気の高さが伺えます。

自分が登録販売者試験の受験を予定している地域の合格率が気になる方は、厚生労働省が発表している「これまでの登録販売者試験実施状況について」を参考にされると良いでしょう。

まとめ

登録販売者資格は改正薬事法と同じ年に生まれた新しい資格で、一般的な認知度はまだまだ低いのですが、現場の需要とともに受験者の数も増加しています

登録販売者になるには医薬品に関する知識を身につけ、試験に合格しなければなりません。しかし、しっかりと知識を身につけておけば自分や家族、患者の身体を薬による健康被害から守ることも可能です。

「医薬品の知識」というスキルの有用性はもちろん、登録販売者資格を取得することで大きなメリットが得られることも見逃せないポイントです。登録販売者資格は日常生活を送るうえでも重要な資格であると言えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧