登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

事前に知っておこう!登録販売者ならではの悩みってどんなこと!?


販売登録者になることができれば、お店でたくさんのお客さんと接することができ、多くの商品販売することが可能になります。しかし、魅力的な仕事である半面、悩むことや大変なことも少なくありません。では、登録販売者の悩みとはどのようなものでしょうか。

冬などの時期は非常に忙しい仕事になる

販売登録者として活躍する場合でも、暇なときと忙しいときに分かれることを理解しておきましょう。薬の販売に関しては、季節など関係ないと考える人もいるかもしれませんが、よく薬が売れる季節と売れない季節があることを知っておくとよいです。

まず、薬がよく売れる季節と呼ばれるものは、十二月から二月ぐらいまでの風邪が流行するシーズンになります。インフルエンザレベルになると、もはや薬局やドラッグストアではどうすることもできませんが、それでも売り上げが多少伸びる可能性があります。

風邪薬のコーナーは必ず同ドラックストアや薬局でもありますが、十二月ぐらいのように気候が大きく変わり極端に寒くなる時期に関しては、売り上げは確実に伸びてきます。そうすると、接客も非常に大変になってしまい、それが悩みの種になることもあるでしょう。

今迄は、お店が閉店すると同時に家に帰ることができたのに、売り上げが伸びたことによりなかなかすぐに帰ることができないこともあります。予想外に忙しくなるようなこともたまにあるためうまく乗り切らなければいけません。

暇な時期も悩みの種になりやすい

登録販売者になってから、なかなかお客さんと接することができない場合もあります。例えば、ドラッグストアに配属された場合、ドラッグストアで薬を販売することになりますが、この場合には暇な時期と繁忙期に分かれてくるところです。

もちろん暇な時間帯が好きと感じる人もいるでしょう。ですが、忙しい中でたまに暇な時間がある場合と、何カ月も暇な状態が続く場合では、前者の方がメリハリがあってよいといえます。そのため、あまりにも暇な時間帯や暇な期間がある場合にはそれが悩みとなり退職してしまう人もいるぐらいです。

ただ最終的には、店の売り上げを伸ばすことや、たくさんのお客さんを入れることは自分自身の仕事と考えるべきです。自分自身がお店に貢献をすることができれば、繁盛しやすいお店になるでしょう。

そのため、暇なことが悩みなどと言っているのではなく、どのようにしたら暇な状態を回避することができるかを考えるべきです。ちなみに人気店と呼ばれるところは、一年中絶え間なくお客さんが来ていることで有名になっています。

話が長すぎるお客さんも悩みの種に

ドラッグストアにおいて薬を販売する場合、登録販売者お客さんとの会話をすることが多くなります。これは単に事務的な会話の可能性もあるでしょう。例えば、お客さんの方でどのような商品を欲しがっているかを明確に答えてあげることも登録販売者の一つの仕事といってよいです。その会話がお客さんの役に立ち、たくさんの悩みを解決するとすればある意味やりがいにつながると言えます。

しかしながら、無駄に長話をしてくるような人もいます。そのような人は、話が好きな人になります。そのような人につかまってしまうと、無駄に時間を過ごしてしまうことになるでしょう。

特に、やることが山のように積まれているとき一人のお客さんにつかまってしまった場合にはなかなかそこから脱出することができないこともあります。それが売り上げにつながるならばまだよいですが、意味のない世間話などは時間をロスするだけです。

このように、必ず暇なお客さんが現れるときがあり、これをどのようにやり過ごすかが一つの問題解決方法になるはずです。これをやり過ごすためには、お客さんとの会話の中で、会話を短くするテクニックを知っておくことです。また、常に忙しそうにしていれば、その人を呼び止めて長話をするようなこともなくなるでしょう。

 

冬になると、風邪をひく人や体調を崩す人が増えてきます。このとき、薬局があるとありがたいものです。ただ、販売登録者は、忙しい時期は帰宅時間が遅くなり仕事が満足にできない状態が続く可能性も否定できません。

一方で、暇すぎてもやはりそれが悩みの種になる可能性があります。これを避けるためには、とにかくお客さんに対して魅力的な商品を紹介するのがよいでしょう。これを繰り返すことで、お店の繁盛につながり暇な時間が考えられなくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧