登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者試験の勉強方法はどうしてる?独学でも合格できる?


登録販売者になるためには、単に求人に応募すればよいわけではなく、事前に試験に合格しておくことが必要になります。試験に合格するためには、勉強方法が重要になるでしょう。そこで、どのような勉強方法を考えたらよいでしょうか。また、独学でも合格することができるかも問題になります。

独学でも合格している人はとても多い

登録販売者になる場合には、登録販売者試験を受験することが必要ですが、とにかく資格講座や予備校などに通おうとする人もいます。もちろんその人が、人に教わりながら学習をしなければ合格できないのならば、わざわざ独学でおこなう必要もありません。ですが、特に独学でも問題ない場合には自分一人で学習をしていくのも一つの方法です。

司法試験や公認会計士のテストなどのようにハイレベルな内容ではありません。3カ月から半年程度で合格する人が多いことを考えれば、独学でも十分可能になります。

ただ、今まで全く一人で勉強したことがない人が一人で勉強するとなると、さまざまな問題が発生します。問題になりうることの一つは、モチベーションです。モチベーションの維持は非常に重要で特に社会人の場合にはこのモチベーションがあるかどうかによって変わってくるところです。周りに同じテストを受ける人が数人いる場合には、それだけでモチベーションが上がる可能性もありますが、完全に一人の場合はそれすら難しいことが考えられるでしょう。

いずれにしても、自分のタイプを見極めてどのような学習スタイルが合っているのか考えることが大事です。自分にぴったりのものならばそれほど苦労せずに合格することもできます。

テキスト選び方はとても重要になる

登録販売者試験において勉強する場合には、テキストを選ぶことが重要になります。テキストの品質がよいかなどの問題もありますが、それ以上にテキストとの相性が重要になります。

よく、テキストをインターネットで購入する人がいます。あらかじめ中身を知っていてその内容がわかっているとすればインターネットで購入してみても問題ありません。しかしながら、インターネットで購入する場合は中身を見ることができないため、購入した結果自分の理想としているものと全く違うものが手に入ってしまうこともあります。

これを避けるためには、現物を手にとり中身を確認しておくことが必要でしょう。一般的に、読みやすいテキストとされているのは、図がしっかりと出ているものです。図が出ているものは、言葉で説明されるよりもより分かりやすい可能性が高いです。そのため、短期間で内容を覚えて正しく理解するためには図がたくさんあるものを選ぶと良いでしょう。

後は、多少その人の感覚によって異なりますが、白黒になっているものよりも、カラーになっているもののほうがわかりやすいです。カラーの本は、多少なりとも高くなりますが、それでも合格するのが目的である以上は出費をいとわないぐらいの気持ちが必要です。

20パーセントの部分に集中してみる

世の中には、パレートの法則とよばれるものがあります。例えば商売をする場合には20パーセントの上位顧客を大事にするべきといわれています。これは、上位20パーセントの顧客がそのお店やその会社の売り上げのうち8割の売り上げをたたき出しているからです。

このように、パレートの法則はいかに20パーセントの部分に注目するかが大事になります。これを、登録販売者試験に応用すると、試験に出る個所も全体の20パーセント程度といえます。つまり、重要な20パーセントに注目してそこをしっかりと勉強すれば、100点は取れないまでも80点前後の点数をとることができるはずです。

そこで、どの部分が20パーセントに該当するかを見極めなければいけません。このために必要なのは、過去問題です。過去問題の中には、普通に勉強していたらわからないようなさまざまな知識が詰め込まれています。

ただこのとき注意しておきたいのは、過去問題を使うとき同じ問題はまず出ることはないということです。特に、1年前や2年前に出た問題がそのまま出ることはまずないでしょう。

どのように利用したらよいかといえば、傾向を知ることになります。可能な限りたくさんの問題を入手して、すべてのジャンルの中でどれが一番出やすいかをデータとして取っておくことが必要です。これにより、自分の中で20パーセントを決めて、そこに集中してきます。20パーセントの勉強が終われば、後は順番に重要なものを少しずつ勉強することで、短期間の学習が可能になります。

 

登録販売者試験に合格するためには、予備校や近くの学校に通う必要はりません。努力をすれば、独学でも合格を勝ち取ることができるでしょう。

合格を勝ち取る秘けつの一つが、教材選びになります。自分にとって分かりやすいものを選ぶのが一番になるでしょう。これに対して、無駄なく勉強するためには、試験によく出る20パーセントのところに集中することが重要になります。上位20パーセントの部分を学んでおくことで、8割ぐらいの点数を獲得することが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧