登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者試験に合格したい!通信講座と通学どっちを選ぶ?

登録販売者試験の専門のスクールには大きく分けて通信講座と通学がありますが、自分に合う方法を選ぶことが重要です。通信講座は仕事や学校などの事情で決まった時間にスクールに通うことが難しい人も勉強できるという特徴があります。一方、通学は授業の後に分かりにくいポイントを講師に尋ねることができるため安心して学習に取り組めます。

通信講座はお金を掛けずに学習したい人におすすめ

登録販売者の試験に向けて専門スクールの通信講座を受講する場合には、お金を掛けずに仕事帰りや休日を使って自分のペースで学習を進められるといったメリットがあります。特に、インターネット上で学習ができるシステムを導入しているスクールを選ぶことで、スマホやパソコンを使って苦手なところを繰り返して確認することが可能です。

最近では、メールや問い合わせフォームなどを利用して、講座の担当者とコミュニケーションが取れるスクールの数も増えており、さまざまな事情により通が学できない人も無理なく受験対策を立てることができます。大手の専門スクールが開講している講座のメリットについては、医療系の専門誌や情報サイトなどで度々紹介されることがあるため、気になることがあれば早めに情報収集をすることがおすすめです。

また、スクールによっては初めて講座に申込をする人を対象に、定番の学習コースの入会金や受講料金の値下げをしているところもあります。そのため、学習費用を最小限に抑えたい人は、時間を掛けていくつかのスクールの料金体系を調べておきましょう。

なお、受講先の選び方に悩んでいるときには、実際に一通りの講座を受講した受験生の体験談を参考にしたり、スクールの専用の窓口に相談をしてみると良いでしょう。

通学コースは試験の重要なポイントを押さえやすい

登録販売者の試験に特化した専門スクールの通学コースは、ベテランの講師による授業を受けることができ、試験に出題されやすい重要なポイントをしっかりと押さえられるといった特徴があります。

全国各地に教室を構える大手のスクールの中には、医師や薬剤師などの医療系の資格を持つ講師が在籍しているところもあり、専門家のアドバイスを聞きながら受験勉強に取り組める環境が整っています。専門スクールの通学コースは、通信講座と比べると費用が高くなるのはもちろん、決まった時間に来校をする必要がありますが、周りの受験生と切磋琢磨しながら試験に向けてモチベーションを上げることもできます。

また、大人数の受講生が在籍しているスクールにおいては、試験直前に合宿や対策講座などを開いているところもあり、自分の苦手なジャンルを克服することで、初めて受験をする人も合格点を取ることが可能です。

その他、日々の講義の後に担当の講師とコミュニケーションが取りやすいスクールについては、登録販売者を目指す多くの社会人や学生などから人気が集まっています。そこで、人気のスクールに入会をしたい場合には、余裕を持って講師の経歴や受講科目、料金などを把握することがおすすめです。

通信講座と通学コースの両方を選べるスクールもある

自分に合った登録販売者の学習方法がなかなか見つからないという人は、少し出費が大きくなりますが、通信講座と通学コースの両方に申し込めるスクールを探してみるのも良いでしょう。個々の受験生へのサポートが行き届いているスクールでは、全ての希望者を対象に試験対策に役立つテキストや問題集を提供したり、さまざまな手段でフォローアップをしたりするところが目立ちます。

また、より多くの受講生を受け入れるために、年間を通して体験コースを用意しているスクールの数も増えているため、こうした機会に通信講座と通学コースのそれぞれの特徴をきちんと比較することがおすすめです。その他、評判が良い講座を選ぶにあたっては、既に登録販売者の試験に合格した人のレビューに目を通して、試験当日まで無理なく学習ができるスクールを見つけましょう。

 

登録販売者の試験に備えるために専門スクールの利用を検討する人は少なくありませんが、早期に通信講座と通学コースの違いをしっかりと把握することが大切です。

各地のスクールの通信講座は、インターネットや郵送などの手段で学習を進めることができ、それほど大きな費用が掛からないことや、周りに惑わされることなく勉強しやすいといった特徴があります。通学コースは、通信講座よりも費用が割高になりますが、周りの受験生から良い刺激を受けられるのはもちろんのこと、講義の前後に担当の講師に学習に関する相談をしやすいといったメリットがあります。

多くの登録販売者の試験の合格者を輩出したスクールの中には、希望に応じて通信講座と通学コースの両方の申込ができるところも少なくありません。そこで、初めて試験に臨む人は、各地のスクールの体験期間を通じて自分に合った学習方法を選んでみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧