登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者に独学で合格!テキスト選びのポイントとは

スーパーやコンビニで登録販売者の仕事を募集しています。薬剤師と違い薬剤の調合などはできないものの、一般用医薬品の販売ができるためニーズが高まっています。登録販売者とはどんな資格なのでしょうか。資格取得のための勉強法は複数ありますが、独学での勉強を目指す方も多いです。勉強する際に必要なテキスト選びのポイントを紹介します。

ニーズの高まる登録販売者とはどんな資格か

登録販売者は、医薬品販売の専門家として認められた資格です。かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限り)の販売ができます。第1類は薬剤師しか扱うことができませんが、世に出ている医薬品の1割ほどです。販売登録者の資格があれば、一般医薬品のほとんどを販売する資格があるため注目が集まっている資格です。薬剤師が行う薬の調合や、医師の処方箋の内容が適切かチェックした上で、正しく処方することはできません。

2009年に薬事法改定により登録販売者を求める場所が増えました。薬局やドラッグストアに限らず、スーパー、ホームセンターでも医薬品の販売ができるため求人も探しやすいでしょう。薬剤師であれば薬学部に通い国家資格を取得する必要がありますが、登録販売者であれば年に1度行われる試験に合格すればよいので、未経験でも参入しやすい資格です。

一般医薬品の販売に加えて、医薬品を購入するお客様への適切な説明も求められます。相談があれば対応する必要があるためやりがいのある仕事でしょう。スーパーやコンビニの販売だけでなく、製薬会社の営業で商品説明をしたり、エステサロンでアドバイスをしたりするなど得た知識がさまざまな場面で活躍します。

開業許可・販売許可を取得できれば薬剤師の資格がなくても、薬店の開業ができるため独立開業も夢ではありません。また、個人販売が可能となります。資格取得することで、アルバイト・パートでも収入が上がるのでメリットが大きい資格です。

登録販売者に独学で合格するのに必要なこと

登録販売者になるには、年に1度行われる試験に合格する必要があります。合格するまでのプロセスは人それぞれですが、なかには独学の合格を目指す方もいるでしょう。

試験はマークシート方式で、論述式や記述式がないため一見簡単に思えます。しかし、240分間(2時間)で、120問解かなければならないので時間との勝負です。悠長に考えている暇はありません。知識を確実に定着させ、問題を見た瞬間に解けるようにしましょう。

合格までに必要な勉強時間の目安は400時間といわれています。毎日3時間勉強すれば3ヵ月で合格できる目安ですが、個人差があります。もともと知識がある方は短期間での勉強でも合格できます。逆に知識に自信がない方は、知識定着に時間をかけた方がよいため、長時間化する可能性もあります。試験は年に1度しかないため、自分の実力を考えながら逆算して勉強計画を立てスタートさせてください。

肝心の勉強方法ですが、厚すぎない自分に合った参考書を1冊選びます。知識量が試験の合格を左右する資格なので暗記に特化した勉強をしてください。ある程度インプットが終了したら演習問題をします。間違えた箇所は必ず参考書を読み直してください。

試験までにやることはまだあります。それは過去問をやり込むことです。最低限自分が受ける都道府県の3年分の過去問に挑戦しましょう。余裕がある方は他の都道府県の過去問もやり演習を繰り返してください。

ネットを利用した勉強法もあるため自分に合った方法を選びましょう。独学はモチベーションを保つのが難しく、勉強方法がこれでいいのか不安になることもあります。不安になる方は通信講座を利用して最短で合格を狙うことも考えましょう。

テキストを選ぶ時に気をつけたいポイント

登録販売者の資格取得に向けて、独学で勉強をする方にとってテキストは必需品です。テキストを選ぶときは出題範囲が合っているかどうかを確認してください。必ず出版年度を確認し、自分が受験する年に対応しているものを選びます。

テキストですが白黒ではなくカラー印刷を選ぶとよいでしょう。カラーやデザインが優れていると、暗記する際に頭に残りやすく勉強がスムーズに進みます。図や表がある場合もポイントが高いです。文字が並ぶテキストでは飽きてしまい、勉強もはかどらなくなります。文章を理解するためにグラフや図解があることで、飽きがなく理解しやすくなります。

テキストには過去問や問題演習がついている場合もあります。別に購入することもできますが、付属の問題集を使えばすぐに演習ができるのでおすすめです。間違えた箇所はすぐにテキストに戻って確認ができるため便利でしょう。他にも、問題集・用語集・過去問をそろえておくとよいです。

さまざまなテキストが販売されているためどれを選べばよいか迷うかもしれません。理系の知識を苦手とする文系向きのテキスト、初心者向けのテキストなどがあります。後でテキストを買い直すのは、時間とお金の浪費です。インターネットの情報を活用したり、本屋で複数のテキストを読み比べたりすることで自分に合ったテキストを探してください。資格取得を目指すには事前の情報収集も欠かせません

 

登録販売者は一般用医薬品の販売、医薬品の適切な説明が求められる職業です。登録販売者のニーズは高まっており、健康・美容分野でも活躍の場があります。独学で合格するためには、自分に合ったテキストを選ぶことが必要です。あわせて問題演習・用語集・過去問をそろえて合格を目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧