登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

辛い!?しんどい!?登録販売者を辞めたいと思う理由とは?

最近は、登録販売者の需要が高くなっており、ドラッグストアや病院などにおいて非常に重要な役割をはたしています。ただ、実際に仕事を始めてみたところ、辞めたいと感じることもあるはずです。

では、仕事を辞めたいと考えている場合、いったい何が原因でしょうか。その実態をいくつか見ていきます。

人間関係があまり良くない職場の場合

登録販売者になった場合、仕事内容自体に問題がなかったとしても人間関係に疲れて会社を辞めてしまう人も少なくありません。これは、どの会社でも同じになりますが、自分がいじめられている場合などもこれに含めてよいでしょう。人から嫌がらせを受けたりすることもあります。

ただ、これは登録販売者になったから起こりえたわけではなく、その人の考え方や行動自体に問題がある可能性もあります。そのため、もし自分自身がいじめられているとすれば、少なくともその原因を探求し原因をなくしていくことが必要です。

人間関係でも、上司との関係が悪いこともあります。特に薬局などの場合には異動することがあるかもしれませんが、必ずしも異動になるとは限らないこともあります。この場合に、人間関係が悪かったとすればいつまでたってもストレスを溜めながら仕事をしなければならなくなります。

これを避けるためには、人間関係に関する心理学などを学んでおく必要があります。上司が命令する内容が無茶なものだったりする場合は、嫌われているというよりも女子の人間性を理解していないため問題が起こっている可能性があります。

例えば、今月中にこの薬を100箱売却してほしいなどとノルマを課されることがありますが、この場合も上司の気持ちに立てばその理由がわかるはずです。上司も、さらにその上の上司からいろいろといわれている可能性が高いでしょう。そうだとすれば、その仕組みを理解しておけば無理して辞める必要もなくなります。

仕事が非常に忙しく休む時間もない場合

せっかく登録販売者になったものの、仕事で忙殺されている人もいるかもしれません。特に、花粉症の季節や風邪が流行する十二月ぐらいには、風邪薬が飛ぶように売れることも考えられます。薬がたくさん売れるのは良いことですが、これによって何らかの問題が発生することも否定できません。

どのような問題があるかといえば、帰宅時間が遅くなってしまうことです。労働時間の契約も、朝の9:00から夕方の5:00までだったとしても、必ずしもその通りに終わるとは限らないことがあります。忙しい時期は、残業が2時間から3時間も当たり前のところもあります。そうすると、プライベートの時間が極端に少なくなり予想以上にタイトな生活になる可能性があるでしょう。

もちろんその分だけお金をもらうことができるためメリットがないとは言えませんが、お金よりも自分の時間を大切にしている人にとっては致命的な問題です。少しぐらいの残業はどこでもあるにしても、休み返上で働くような職場は将来がないといってよいです。このような場合、退職を決意する人もいます。

後は、最近はドラッグストアなどでも24時間体制でおこなわれているところもあります。この場合、昼間の時間帯に勤務をすることを希望していたにもかかわらず、途中から「夜勤をお願いします」などと言われることもあるでしょう。特に、小さな子供などを育てている家庭では致命的な話しになります。

中には、子供に会う時間も少なく、それがストレスとなって退職につながる恐れも考えられます。もし、職場を選ぶことができて夜勤をしたくない場合は24時間のドラッグストアなどを選ぶのではなく、少なくとも夜の8:00台には閉店するようなところ選ぶことが必要です。

入社前にイメージしていた仕事とは異なる場合

入社する前は、希望に燃えていた登録販売者も働いているうちに少しずつ希望が失われることがあります。例えば、自分自身が希望している仕事内容とは異なり、つまらない仕事をするような場合です。

つまらない仕事といっても、当然仕事の中には楽しい仕事ばかりではなくつまらない仕事があるでしょう。ですが、1日中つまらない仕事をせざるをえないとすれば、それこそそこで働く意味は半分ぐらいなくなってしまいます。

ただお金を稼ぐためにそのような仕事に就いたならば我慢すればよいですが、自分の能力を高めるためにそしてやりがいのある仕事だと感じて応募したのに全くやりがいが感じられないような仕事の場合には、やがて退職することになりかねません。

もちろん、どのような職場であっても、自分が当初から希望している仕事と異なることは多いわけです。ただ、基本的に面白いけども、一部いやな仕事がある場合と、基本的に全くイメージと違い面白くないと感じる場合があり、後者にあてはまるならばそこに長く居続けるか迷うことになりはずです。

 

これから、登録販売者を目指す場合、どのような理由で今までの登録販売人たちが辞めていったのかを知っておくことが必要です。よくある例としては、人間関係が悪化したためです。職場は自分一人でやりきるわけではなく周りの人と協力し円滑に仕事をしていくものです。それにもかかわらず、職場の人があまり自分と相性が良くないだけでなく、嫌われている場合などは即座に辞めてしまう人もいます。それ以外でも、待遇が悪い場合などに辞めることも考えられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧