登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者は子育て中のママも働きやすい!その理由とは!?


登録販売者は、一般的なドラッグストアの店員と比べて陳列やレジ打ちなどの体力が必要な業務を担当する機会が少ないため、子育て中のママも安心して働けるといった魅力があります。また、フルタイムだけでなくパートタイムの働き方を歓迎している店舗が多いことから、家庭生活に配慮をしながら勤務を続けることが可能です。

医薬品の対面販売がメインのため体の負担が少ない

登録販売者の主な業務内容は店舗ごとにわずかな違いがありますが、基本的には一般の店員が扱うことができない種類の医薬品の対面販売がメインとなります。また、商品の陳列作業やレジ打ちなどを担当する機会が少ないこともあり20代から30代の女性の間では、私生活との両立を図りやすい職種として捉えられることがあります。

大手のドラッグストアの中には、有資格者が専門性を発揮できるように、他の店員と業務内容をハッキリと区別しているところも多くあるため、日頃から知識や技術を発揮して仕事に取り組むことも可能です。

子育て中のママが働きやすいドラッグストアの魅力については、女性向けの求人情報誌や転職サイトなどで大々的に紹介されることもあるため、スムーズに職場探しをしたい人は、求職中に人気の職場の特徴をきちんと理解しておくと良いでしょう。

なお、女性のスタッフの割合が大きいドラッグストアにおいては、出産や育児を経て無理なくキャリアを形成できるように、職場復帰のサポートを徹底的におこなったり、ベテランのスタッフによる研修を強化したりしているところが多くあります。そのため、一箇所の職場で専門職としてのスキルを磨きたい場合には、給料ばかりでなく、職場環境や福利厚生などにも注目をして、自分が向いている勤務先を見極めることが肝心です。

週1日から働ける職場の数が増えている

子育て中のママを歓迎しているドラッグストアでは、登録販売者が週1日から働けるシステムを導入しているところがたくさんあります。こうした職場を選択することで、子どもが小さい人でも育児の合間を縫って過去に修得したスキルを仕事で生かすことが可能です。

パートタイムの女性のスタッフが多く在籍しているドラッグストアの数は年々増加していますが、私生活に負担を掛けたくない場合には、求人選びを通じて希望通りに休日を取得できるかどうかじっくりと確認することが大切です。たとえば、数あるドラッグストアの中でも、スタッフの人数に余裕があるところや、役割分担がきちんと決まっているところは、多忙な生活を過ごしている子育て中のママの間で人気が集まっています。

また、一か月あたりの勤務の日数や労働時間については、各地のドラッグストアの方針や営業時間、業務の量などに大きく左右されます。そのため、自分らしく働ける職場を見つけるために、具体的な労働条件について、求職中にさまざまな店舗に相談をしてみると良いでしょう。

その他、子育て中のママを対象に、簡易な業務を任せたり、時短勤務を認めたりしている店舗もあるため、早いうちから勤務先を探し始めることがおすすめです。

業務経験が浅い人も研修を通じて仕事を覚えられる

登録販売者の仕事は、薬剤師と比べると覚えなければならない内容が少ないため、業務経験が浅い人も研修を通じてすぐに一人前に働くことが可能です。女性店員の採用に力を入れているドラッグストアにおいては、登録販売者の資格を取得して間もない子育て中のママのために、長期間の研修の機会を用意しているところも多くあります。

また、研修を通じて業務に役立つ基本的なスキルをしっかりとマスターすることで、順調にキャリアアップを果たすこともできます。業務未経験の子育て中のママの働きぶりについては、各地のドラッグストアの公式サイトやブログなどに詳しく掲載されることもあります。そこで、勤務先の選び方に迷っているときには、じっくりとお目当ての店舗について調べておきましょう。

なお、業務研修がおこなわれる時期や、研修の主なテーマについては、店舗ごとに大きなバラつきがあるため、各店舗の求人票や現役のスタッフの口コミなどをもとに、慎重に職場選びをすることが大切です。

 

登録販売者の資格を持つ子育て中のママは、全国各地のドラッグストアで活躍の場が広がっており、フルタイムはもちろんのこと、短時間の勤務も選びやすい状況となっています。最近では、各地のドラッグストアの中でも、体力面の負担が少ない業務を担当できるところや、休暇を取得しやすいところに人気が集まっており、乳幼児を育てている女性も安心して仕事を続けることが可能です。

また、魅力がある女性の向けのドラッグストアの求人については、さまざまな媒体で紹介されることがあるため、給料や休日の日数、福利厚生などのさまざまな点を考慮しながら、自分に合った働き方ができるところを探してみると良いでしょう。もし登録販売者として業務に就いたことがない人は、各店舗の求人に目を通して、研修期間中に業務に直結した教育を受けられるところや、ベテランのスタッフにサポートしてもらえるところを見極めることがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧