登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

きちんと理解しておこう!登録販売者の資格が失効するのはどんな場合?

一生ものの資格は多くありますが、試験に合格するだけではなく、実務経験を積まないと見習いのままの状態が続くケースもあります。また、ルールが新しく変わることで更新制となる可能性もあり、最新情報を集めていくことも必要です。

勤務時間にも注目して実務経験を積むことが重要

取得した資格は、一生ものとして大切にすることができますが、登録販売者の場合、実務経験をしっかりと積まないと研修中という扱いのままになります。研修中だと1人だけで一般用医薬品の販売をすることはできないため、就職活動をする際にスキルだけではなく、実務経験を問われることもあります。

面接を受ける際に、実務経験もしっかりと積んでいることをアピールすることによって、任せてもらえる仕事が増えるため、収入アップも期待できます。手当が付くことにより、収入アップにつながるため1人前として見てもらうことができるように、実務経験をしっかりと積むことを意識することも大事です。

登録販売者の資格が失効する場合は、薬事法の改定があり、資格の継続に関するルールが変わることで、失効してしまう方が出てくる可能性があります。定期的に薬事法の情報を集めて、ルールが変わったときに、自分が当てはまるのかをきちんと確認して、備えていくことも必要になります。

例えば10年前に登録販売者の試験に合格し、実務経験がほとんどない方の場合、昔と比べると今もしっかりと知識があるかを考えると不安に感じる方もいます。定期的に勉強をして、知識を身に付けていく努力が必要になりますし、実務経験をしっかりと積み、スキルを活かせることも重要になります。実務経験を積まないまま、数年経過すると、見習いの状態に戻ってしまう可能性があるため、働いて学ぶことの大切さにも注目です。

ルールが変わっていくことで、更新制になるなど、昔と比べるといろんなことが変わり、ブランクがある方は一生ものの資格とならない恐れもあります。また、実務経験があり、仕事を続けている方も、短時間のアルバイトのみだと、実務経験としてカウントしてもらえない恐れもあるため、勤務時間にも注目することは大事です。また、お店に出て働く機会が減り、デスクワークが中心になった正社員の方も油断していると、失効する可能性があります。

知識を保てる努力を続けることが必要

試験に合格した後は、早めに就職して実務経験を積むことを考えていくことで、失効する心配がなくなります。スーパーやコンビニでも、医薬品の販売をするお店は多いため、資格を活かせる仕事を見つけるチャンスがありますし、資格手当付きなど、収入面でも満足できる方もいます。

薬事法の改定があっても、仕事を続けていることで、柔軟に対応することができるようになり、自分のケースをチェックして、失効してしまうことのないように注意できます。外部研修に参加をして、知識を身に付けていく方法もあり、しっかりと学べるようにすることも大切なポイントです。

未経験の方は、まず1人前の登録販売者として認められるように、2年間の実務経験を積むことを目標に仕事を頑張り、見習いから1人でも一般医薬品の販売ができるようにすることに注目です。1人で一般医薬品の販売ができる実務経験がある人の方が、歓迎してもらえるケースが多いため、転職をする際に条件が良い仕事への採用を決めるチャンスがあります。

求人情報サイトを活用することも大切

登録販売者の資格を取得している方は、薬局以外にも、スーパーやコンビニなど、いろんな求人情報をチェックして、資格を活かせる求人を探せます。条件が良い仕事を見つけることができるように、資格手当付きの求人を見つけるなど、条件が良い仕事を見つけることができるように、幅広く求人情報を集めることも必要になります。

求人情報サイトをチェックすることによって、検索をしながら、希望する仕事がないかを調べていくことができます。収入面など、こだわりたい仕事をチェックしていくことができるだけではなく、働きたいエリアに絞って情報を集めていくことも可能です。短時間のアルバイトをしている方は、実務経験もカウントしてもらえる勤務時間にして、失効しないように働き方を変えていくことも大切です。

人材紹介会社に登録をする際に、取得したスキルも伝えることで、スタッフが仕事を探してくれるため、アピールポイントを作ることも重要になります。未経験よりも、実務経験を積んでいるほうが企業に歓迎される可能性が高くなったり、収入アップにもつながります。

 

登録販売者は、実務経験を積むことにより、見習いから1人前となり、1人でも一般医薬品の販売ができるようになるため、歓迎してくれる企業は多いです。薬事法の改定によって、ルールが変わる可能性があり、自分が取得しているスキルが失効する可能性もあることに注目です。ブランクがあると、更新が難しくなる可能性もあるため、実務経験をしっかりと積むことを意識して、求人情報を集め、転職活動を進めていくことも大切なポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧