登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の資格取得にかかる期間や費用はどのくらい!?


一般用医薬品を販売できる資格である登録販売者は、今や社会的ニーズの高くさまざまな現場で活躍されています。資格なので当然試験があり、合格するためには専門的な勉強をしなければなりません。専門知識を有している証を取得するために必要な学習期間や費用を知ることが、計画を立てる上では重要です。

試験の基本概要をまず知っておくべき

医薬品販売に必要な知識を有している専門家として認められる国家資格である登録販売者は、年1回の試験に合格することが必要です。薬剤師と似ていると言うことで、養成機関への入学が必要と勘違いされがちですがとても受けやすい資格と言えます。

学歴や実務経験は必要なく誰でも受けることができます。受検場所と試験日は都道府県により異なりますが、夏の終わりから12月頃までが中心です。当然受験申込みが必要なので、申込み期限の確認が最優先と言えます。資料は各都道府県のホームページから取り寄せることができます。

一般医薬品を販売することができる様になるので、当然多くの知識が必要です。問題数は120問もあり、出題範囲は都道府県共通です。しかし午前と午後で出題範囲が都道府県によって異なることが多いので、必ず自身の受ける都道府県の情報をチェックすることが必要でしょう。

内訳として全5章からなり、医薬品の特性から人体への影響、そして安全対策に薬事法についてと網羅されています。薬以外に医療、法律と幅広い範囲が問われ120問中70%以上の正答率で合格できます。

しかし注意が必要なのが足きりであり、全5章ある1つでも40%以下の点数だと不合格になります。1章20問なので8点以上12問正解が必要です。9問間違えると不合格なので、きちんと各章学ぶ必要があり、不得意な章を作らないことが大切と言えます。受験料は12,800円から18,000円とこちらも都道府県によって異なります。

どれ位の学習期間と費用が必要なのか

登録販売者の試験は相対試験ではないので、他の方がどれほど高得点であっても自身が70%以上の点数を取れれば合格です。つまり他の方はライバルにはならず、まさに自分との闘いと言えます。

都道府県毎に異なりますが、合格率は全国平均で43%程と半数以上の受験者が落ちる試験です。実務経験がある方は前提知識がありますが、必ずしも有利ではありません。日々の学習の積み重ねが重要です。難易度自体は2009年の始まりから大きく変わっていません。

合格に必要な学習期間は平均で4か月と言われていますが、これはあくまで平均であり合格した方が答えたアンケートの結果です。個人差もありますし、独学や通信教育の活用によっても学習期間は異なります。

登録販売者の試験勉強は主に独学と通信教育のどちらかを選択することになります。人気なので市販教材も多く出ていますし、難易度的に独学合格可能な資格ではあるでしょう。独学の場合、総費用は1番抑えることができ、選択される方も多いです。基本書1冊2,000円程で過去問題と予想問題を合わせて7,000円程になり、受験費用を加えて25,000円程で目指せます。

通信教育はその会社によって異なりますが平均5万円程になっています。受験費用と合わせて7万円以内になりますが、模擬試験に申し込むと1万円程増加します。通信教育ではさまざまなフォローもあり疑問点を解消しつつ学習計画も助言や指導をもらえるので効率的です。

しかし実際は個人の努力次第なので、独学合格者数も通信教育選択者と遜色ありません。自分のライフスタイルや性格で決めると良いでしょう。

王道の勉強方法の基本は何なのか

登録販売者以外の国家試験にも共通して当てはまることですが、勉強方法の王道は基本書と過去問題集を繰り返すことです。勉強方法に悩み、ネットで合格者のオリジナル勉強法等の情報だけを集めても前には進みません。国家試験に合格する勉強方法というものはなく、王道である学習方法こそ基本であり確実な1歩を踏み出せます。

過去問題集の使用方法を間違っている方が非常に多いと言われており、過去問題集は自分の知識を確認するものではなく第2の基本書と言われています。問題に対してすぐに解答、そして解説を読むことで知識を得ていくものです。

問題傾向や頻出問題もあるので、独学でも通信教育でも過去問題集は必ず何周もおこなうことが合格には有利と言えます。過去問題集は最新年度の物を揃え、試験が近づいてきたら予想問題集に切り替えて法改正を修正していくことが王道の学習方法です。学習期間や1日の勉強時間は個人毎に異なるので、自分のライフスタイルと性格から判断することが大切です。

 

登録販売者は2009年にできた、一般医薬品販売をおこなえる専門者資格です。国家資格であり試験難易度も易しくはありませんが厳しくもなく、独学合格可能レベルと言われています。都道府県別で受験費用や受検場所、時期が異なるので必ず自身が受ける都道府県のホームページを確認することが大切です。

合格学習期間は平均4か月と言われていますが、それは平均であり4か月あれば合格できるものではありません。合格率は5割以下なので、自分のライフスタイルや性格から独学か通信教育かを決め、早めの行動が重要です。

学習方法はネットで検索するとさまざまあり、どれを真似しようかや自分に合った方法をと悩む方は多いです。しかしどの資格試験でも共通の王道と言われる学習方法があります。基本書と過去問題集を使ったものであり、オリジナル学習方法も結局はこの派生でしかありません。悩まずまず取り掛かることです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧