登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者試験の合格ラインはどのくらい?足きりとの関係は?

登録販売者という資格は、2009年の薬事法の改正によって生まれた比較的新しい資格です。登録販売者になるためには資格を得るための試験に合格しなければなりません。その合格ラインは気になるところです。ここでは、そもそも登録販売者とはどんな資格かなどを説明するとともに、試験の内容や合格ラインと足きりについても紹介していきます。

登録販売者とはどんな資格?その仕事内容とは

登録販売者とは2009年に薬事法の改正によって誕生した、風邪薬や鎮痛剤などの一般医薬品(第2類・第3類)の販売をおこなうための専門的な資格のことです。

改正前は薬局やドラッグストアなど多くの店で、薬剤師がいなければこれらの薬は販売できませんでした。しかし、改正後では薬剤師がいなくても登録販売者の資格を持っている人がいれば、販売できるようになったのです。

ただし、販売できるのは第2類と第3類に限ります。一般医薬品は大きく第1類・第2類・第3類に分けられています。第1類とはドラッグストアなどでも、自由に手に取ることができない場所に置いてあり一部のアレルギー治療薬や劇薬、むくみ改善薬などです。第2類はドラッグストアなどの棚に置いてある風邪薬や解熱鎮痛剤などで、第3類とは主に整腸剤やビタミン剤などを指します。

登録販売者の仕事内容は第2類・第3類医薬品の販売のほかにもあります。薬を購入する人への情報提供や、薬の選択などの相談があった場合に購入者視点からの適切なアドバイスをしなければなりません。

また、一般医薬品第1類も販売できる薬剤師と登録販売者の違いは、調剤ができるか否かにあって薬剤師は調剤ができます。医薬品には一般とは別に医療医薬品というものがあり、病院などで医師から処方される薬です。薬剤師はこの医療医薬品を処方箋に基づいて調剤ができるのです。

登録販売者試験とは?受験資格や試験内容について

登録販売者になるためには資格を得るための試験に合格しなければなりません。この資格試験は、年1回各都道府県で実施されています。受験資格については実務経験や学歴は不問となっており、受験申込さえ済ませれば誰でも受験できるものとなっています。

しかし、試験合格後に登録販売者として働くには、勤務先の都道府県で販売従事登録をおこなう必要があります。登録の申請には申請書と合格通知書、戸籍謄本の他に医師による診断書が必要です。

この診断書は精神機能の障害や麻薬などの中毒者かどうかを示す書類となり、診断日から3カ月以内のものとされています。また、実務経験が2年以上に満たない人は2年以上の実務経験がある人、もしくは薬剤師の管理・指導の下でなければ一般医薬品(第2類・第3類)の販売はできません。

資格試験の内容は2019年の例をあげると、出題数は全部で120問。5つの試験項目に分かれています。1つ目は「第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識」です。ここからは20問出題されます。2つ目は「第2章:人体の働きと医薬品」です。ここでも20問出題され、3つ目は「第3章:薬事に関する法規と制度」で、ここからも20問出題。

そして、4つ目の「第4章:主な医薬品とその作用」では40問出題され、最後5つ目の「第5章:医薬品の適正使用と安全対策」では20問出題されます。出題範囲と問題数は全国共通となりますが、地域によって午前と午後で出題項目が異なるケースがありますので、試験案内などで確認をしましょう。

登録販売者試験の合格ラインと足きりについて

試験を受けるにあたって1番気になるのが、合格ラインと足きりについてです。登録販売者試験の合格基準は2つあります。1つは試験で出される問題の総数に対して、7割以上の正解がなければならないということです。もう1つは試験項目ごとの問題数に対して3割5分、もしくは4割以上の正解がなければなりません。

例えば、2019年度の試験で試験問題全体での正解率が7割以上でも、第1章「医薬品に共通する特性と基本的な知識」での正解率が3割だと不合格になってしまうのです。また、この2つの基準のうち1つ目の総出題数に対して、7割以上の正答率というのは全国共通の合格基準となります。もう1つの基準で正答率が3割5分または4割と異なっているのは、各都道府県によってその違いがあるからです。

さらに、試験を受ける年の各都道府県の合格基準は試験実施後に公表することになっているため、試験前にはわかりません。2019年度の試験では東京や大阪などは3割5分で、北海道や宮城県などは4割でした。

ちなみに、上記にもあるように2019年度の出題数は第4章が40問で、その他の章は20問となっています。第4章では3割5分の県が40問中14問正解、4割の県では16問正解する必要があります。その他の章では3割5分の県が20問中7問、4割の県では8問正解しなければなりません。

ともあれ、試験の合格ラインは2つであるとともに、足きりのラインも2つということになります。試験問題全体の7割未満と自分が受ける都道府県、3割5分未満か4割未満というのが足きりラインとなります。

 

登録販売者というはドラッグストアなどで、一般医薬品の第2類と第3類を販売できる資格です。試験の合格ラインは2つあり全体の問題数の7割以上の正答と各都道府県によって違いますが、各試験項目で4割以上の正答でどこの都道府県でも合格できます。各項目での4割の正答率が必要となりますので、まんべんなく勉強することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧