登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の一日の仕事の流れってどんな感じ!?


昨今、求人情報でたびたび目にする登録販売者という資格。薬を売る人という認識はあれど、実際にどのような資格が必要なのか、どのような仕事をしているのかを詳しく知っている人は少ないのです。薬剤師不足や薬剤師の負担を軽減するこの職について知っておくと、きっと資格に興味が持てるはずです。

薬剤師とは何が違うのか、その資格の詳細は

近年、求人募集でたびたび見かけるようになった登録販売者という仕事。なんとなく薬を売る人だったり、ドラッグストアにいる人というイメージで知っている人も少なくはないと思いますが、実際のところはどのような仕事で、どのような資格が必要なのか等詳細はあまり知られていないのが実情です。

それもそのはず。実はこの仕事は比較的新しい職業なのです。登録販売者は2009年の薬事法改正によって新設された資格です。薬を売るといえば一般的には薬剤師という印象を持たれますが、近年は薬剤師も不足しています。そこで、薬剤師の負担軽減にもなるこの職業が誕生したのです。

それによりスーパーやドラッグストア、最近ではコンビニエンスストアまで医薬品の取り扱いをおこなっていて消費者にとって非常に便利になりました。しかし、登録販売者はすべての薬剤を扱えるわけではありません。調剤が必要な薬は昔から変わらず薬剤師のみです。

医療品は第一類医薬品から第三類医薬品にまで分けられており、薬剤師しか扱えないのが第一類医薬品、分かりやすい言葉で言うと処方薬です。つまり、医師から処方された薬は薬剤師しか売れません。一方の第二類と第三類医薬品は登録販売者でも販売が可能となります。こちらを分かりやすい言葉で言うと市販薬です。

実際の業務内容は働く環境によって様々

実際に登録販売者になるためには資格を取得する必要があります。資格試験は各都道府県でおこなわれます。それでは実際に登録販売者として働く人の一日の流れをみてみましょう。

職場は人によってさまざまです。スーパーの医薬品コーナーやドラッグストアが一般的です。実は調剤薬局で薬剤師とともに働いている人もいます。店舗によっては大手コンビニチェーンでも求人がでています。

登録販売者は基本的に接客業です。店頭に立って医薬品を購入するお客さんの接客をおこないます。症状を話して適切な薬を紹介して欲しい人、持病がある人や授乳婦・妊婦が使用可否を問うパターンなどお客さんによって需要はさまざまです。「どっちの薬がいいか」「併用して飲んでもいいか」「子供や老人に飲ませてもよいか」など質問も多岐にわたります。

処方薬に比べてマイルドで敷居が低いようなイメージのある市販薬ですが、初めての薬を飲む時は誰でも副作用などが気になるものです。身体に直接入るものですから、質問に答えたり商品をすすめたりする、この仕事は想像以上に気を使い責任のある仕事です。

医薬品の販売が主な仕事ですから、基本的にはこれの繰り返しで一日の仕事が終わります。もちろん売り場の設営や薬の仕入れ、品出しなどの作業もあります。

資格取得時点で既に2年以上の実務経験がある場合や、資格取得後に2年以上の実務経験を積んだ人は店舗管理者となれます。管理者になれば店舗そのものの運営や従業員の教育、医薬品の管理なども仕事に加わります。

また、職場によっては医薬品の販売以外の業務がプラスされる場合があります。例えばですが、ドラッグストアで働く場合、混雑時は医薬品専用レジではなく通常の日用品の清算を手伝ったり、品出しなどの作業をおこなったりする場合があります。

コンビニエンスストアで働く場合も同様、通常の店員と同じレジ業務をおこなう可能性があります。大まかな業務内容は一緒ですが、付随する雑務が異なる可能性があるので、詳細は求人場所に直接確認しましょう。

また、調剤薬局と異なる点として一般的に小売店の方が営業時間が長い傾向にあります。土日営業していることも多いです。職場を探す場合は業務時間についてもあらかじめ調べるとよいでしょう。

今からでも遅くない!これから取れる国家資格

医薬品を展開する小売店が増えたことによって資格保有者の求人は増加傾向にあります。この資格は各都道府県で試験を受けることができますが、国家資格です。資格をもっていれば転居等があっても新天地で求人を探すのも簡単です。

また、学校に通ったり難しい入学試験をパスしたりする必要はありません。そのため子持ちの主婦にも非常に人気のある資格となっています。家事や育児の合間に自宅で勉強をしたりと、家庭や労働と両立して資格取得に励めることが非常に大きなメリットでしょう。

医療関係の職業はどのような時代も決して需要がなくなることはなく人気もあります。しかし、大人になってから看護師や薬剤師を目指すのは難しい。その点登録販売者は合格率も40~50%と難しすぎず、通信教育でも独学でも勉強しやすい資格なので誰にでも目指しやすい職業です。

 

2009年の薬事法改正によって新しくできた職業が登録販売者です。薬剤師とは異なり、医師からの処方を受けた調剤は扱うことができません。その代わり、いわゆる市販薬と呼ばれる、第二類医薬品と第三類医薬品を販売することができます

資格は通信教育や独学でも勉強ができるもので合格率は40~50%と比較的難易度はやさしめ。試験会場も各都道府県でおこなわれるので、子育て中の主婦などでも挑戦しやすい資格なのです。

職場は主にドラッグストア等、医薬品を販売する場所。お客さんから薬に関しての質問を受けたり、注意点などをお話する大事な仕事です。付随して、商品管理や薬剤の仕入れ・品出し等の雑務がある場合があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧