登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

失敗したくない!面接で落ちた人のNGな特徴とは?

登録販売者の資格を取得することで、スーパーやコンビニなど医薬品を扱うお店で資格を活かせますし、資格手当で収入アップのチャンスもあります。しかし採用面接で落ちてしまっては意味がありません。そこで面接で落ちた人の特徴を紹介していきます。

登録販売者の資格取得後に就職活動を始める

スーパーやコンビニでも、医薬品の販売が広がっているため、登録販売者の需要が増えていて、資格取得を目指す方がたくさんいます。採用試験を受ける際に、仕事で役立つ資格を取得している方は採用で有利に働く可能性があります。

資格を取得していることで、資格手当が支給されるなど、収入アップのチャンスもあるため、資格取得を検討することは大切です。登録販売者の知識を活かして、他業種でも活躍できるように学ぶこともできるため、介護の仕事やエステサロンで学んだ知識を活かせるチャンスもあります。

面接で不採用になってしまう方の特徴

面接は、採用が決まったときに一緒に仕事をする仲間となるため、この人と一緒に仕事をしたいかをチェックされます。面接で緊張しすぎてしまう方もいますが、採用が決まったときに一緒に働くことになる仲間となる可能性があるため、しっかりとコミュニケーションを取れるように意識して話すことも大事です。

マニュアル化された質問の答え方だと、面接を何度も経験する採用担当者の場合、マニュアル通りに話していることが見抜かれてしまい、失敗する方もいます。熱意がしっかりと伝わるように話をすることも大切ですし、一緒に仕事をするメンバーになる可能性をしっかりと考えて、ある程度質問をした後に、面接を受ける側も質問できる時間は必要です。

会話のキャッチボールができる相手でないと、仕事を一緒にする際にチームワークに影響が出るため、人の話を聞き、熱意も伝わるように話をすることも大事なポイントです。

また、マナーが守れない人は、不採用となってしまう可能性が高く、採用試験の日時を伝えているのに、遅刻をしてしまうなど、マナーが悪い人は不採用となります。電車が遅れているなど、緊急時は電話をすることで、相手にもきちんと理解してもらうことができるため、落ち着いて行動できます。連絡をきちんと取ることは、社会人として当たり前のことなので、マナーを守れない人は、一緒に仕事をしたい人だと思ってもらえません。

服装のチェックも重要であり、きちんとスーツを着て、寝癖も直すなど、身だしなみをきちんと整えて、清潔感のある印象にすることも重要になります。お店で接客をする仕事の場合、お客さんに好印象を持ってもらえるように、清潔感のある印象は重要なので、日ごろから服装やヘアスタイルのチェックをすることも大切です。

就職活動経験者にアドバイスをもらう

就職活動に力を入れても、何度も不採用となってしまう方もたくさんいるため、問題点を見つけて、改善できるように努力をすることも重要になります。転職活動の経験がある方の場合、社会人経験があるだけではなく、面接を受ける中で、感じたことなど、採用を決められるようにアドバイスをもらえます。

また、登録販売者の求人を見つけたいときに、求人情報を集めるコツを教えてもらうこともできるなど、参考になる情報を集めやすくなります。相談できる人を見つけることで、自分の問題点に気付ける方は多いです。

初めて登録販売者の求人をチェックする方は、求人数が多い求人情報サイトを見つけることができるように、事前に情報を集めることも大切です。転職活動の経験者に、体験談を教えてもらうことによって、おすすめの求人情報サイトを教えてもらうこともできるようになります。また、転職に成功した話だけではなく、失敗した話も教えてもらうことができるため、面接の注意点などもアドバイスしてもらえます。

ライバルも多い中で、注目してもらえるように、志望動機を具体的に話すことができるようにすることも大切なポイントです。求人に応募する前に、見学の問い合わせをすることで、見学をさせてもらえる会社なら、事前に職場をチェックして、働きやすい職場かを判断できます。

企業のホームページがない場合もあり、詳しく情報を集めたくても、なかなか情報が集まらない場合があります。職場の見学をさせてもらうことにより、たくさんの情報を集めていくことができるため、志望動機も具体的に話せるようになります。面接で抽象的な内容の話ばかりしていると、あまり印象に残らない場合があるため、応募者が多い求人はライバルに差を付けられるようにすることも大切です。

 

登録販売者の資格を取得して、資格取得手当をもらえる求人に応募するなど、収入アップのチャンスがあります。条件が良い求人は応募者が多いため、ライバルに差を付けられるように面接対策は必要です。熱意が伝わるように具体的に志望動機を話すことも大切ですし、身だしなみを整えるなど、面接前の準備にも必要になります。不採用になってしまう方の中には、遅刻など、マナーを守れない方もいるため、マナーをしっかりと守って就職活動をすることが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧