登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者は稼げる?登録販売者がもらえる資格手当の相場とは


登録販売者資格を取得して求人情報を見るとき、もっとも気になるのがいくら資格手当がつくのかではないでしょうか。同じ業態でも会社が違えば金額も変わる上、コンビニやドラッグストアなど業態が違えば資格手当の金額も変わります。この記事では登録販売者の資格手当の相場や収入について、業態や出世の幅の違いなどから説明していきます。

登録販売者の資格手当の相場

結論から言うと、登録販売者に支払われる資格手当は会社や勤める地域によって差はありますが、だいたい5,000~20,000円程度となります。またドラッグストア業界だと5,000~10,000円程度が多いです。

登録販売者の活躍する業態として薬局やドラッグストア、コンビニなどが挙げられますが、資格手当の金額だけを見るとコンビニが一番高くなりやすい傾向にあります。コンビニなどで市販薬が販売できるようになったのが最近で、市販薬を販売できる人材がまだ不足しているためだと推測されます。

ちなみに薬局では薬剤師が駐在しているため、登録販売者の資格手当が出ません。薬剤師が接客なども行うので、登録販売者資格を持っていたとしても事務に回ることが多くなります。そのため市販薬に触れることがなく資格手当も出ないというわけです。この場合実務経験にもカウントされないので、管理者要件を満たした正規の登録販売者にもなれません。

ただし薬局で働くために登録販売者資格が必要としているところは多くあります。同じようにドラッグストアの店長は市販薬の販売に携わるので資格手当が支払われますが、店長より上の役職のエリアマネージャーやスーパーバイザーなどには資格手当が支払われないので、転職時などには注意しましょう。せっかく出世したのに出世前と給料があまり変わらない、なんてことも残念ながらあります。

働く地域や企業によって、登録販売者の収入には差がある

登録販売者は比較的新しくできた制度の上、活躍できる場が薬局やドラッグストアだけでなくコンビニや家電量販店など多岐にわたるため需要は多いといえるでしょう。ただし地域や企業によって差はありますが、登録販売者の年収は310万円程度、月収は20万円程度と決して高い金額ではありません。

当然ながら最低賃金の水準が高い地域では登録販売者の収入も高くなる傾向があります。登録販売者の求人情報を見ると、コンビニなどでの求人は管理者要件を満たしていることを条件としていることが多くあります。管理者要件を満たすためには月80時間以上で2年分働く必要があり、ハードルは高めです。

対してドラッグストアでは管理者要件を満たしていない研修期間の人も募集していますが、資格手当が2,000円だけしかつかないこともあります。そのため、働き始めを比べるとコンビニのほうが給料は高くなりやすいです。

ただしドラッグストア業界は新規出店が多く、勤続年数が短くても店長などの役職に比較的早い段階でつくことができます。長い目で見るとコンビニで働くよりドラッグストアで店長などを目指して働く方が収入が上がりやすいです。

とはいえドラッグストアの中にも系列の店舗数が少なく、新規出店があまりない会社もあります。そういった場合、上位職についている誰かがやめない限りポストが空かず出世も難しくなります。早く出世してより高い収入を目指す場合は、ドラッグストアの大手チェーン店を狙うのが無難でしょう。

ちなみに薬局やコールセンターなども登録販売者を求めていますが、そもそも上の役職が少ないので昇進も難しくなります。そのためドラッグストア業界に比べて、登録販売者としてはキャリアアップの難しい業態といえるでしょう。

登録販売者として働くなら、企業の給与形態をしっかりと確認すること

登録販売者は2009年の薬事法改正によってできた比較的新しい薬のスペシャリストです。活躍の場は多岐にわたり需要も増えていますが、実は会社側に登録販売者の資格手当を支払う義務はありません。また会社によっては社内規定により資格手当が出ないケースもあります。

そのため、勤務先を選ぶときにはあらかじめ給与形態を調べるようにしましょう。例えばコンビニは登録販売者を求めているとはいえ、すべての店舗で市販薬の取り扱いがあるわけではありません。市販薬を販売していない配属先では管理者要件を満たすこともできませんし、資格手当も付きません。

またドラッグストアの社員であっても、社内の規定で短時間勤務や早番固定勤務の場合は資格手当が出ないことがあります。登録販売者として資格を活かして働いていこうとする場合、どうしても資格手当の金額だけ見てしまいがちですが、できるだけ資格手当を含む福利厚生全体を確認するようにしましょう。

なぜかというと登録販売者の資格手当の金額が5,000円と低くても、住宅手当や家族手当などがしっかりしている会社のほうが、資格手当が20,000円の会社よりも総合的に収入が高くなることがあるからです。

 

登録販売者は稼げるのか、資格手当の相場や出世の幅などまとめました。登録販売者の月収は20万円程度と決して低くはありませんが、ドラッグストア以外では出世による収入アップが難しいといえます。とはいえ通販での市販薬が販売可能になったり、介護サービスでも有資格者が求められたり登録販売者の活躍の幅は広がり続けている将来性の高い資格です。勤務先を選ぶときには資格手当の有無や福利厚生などの給与形態をよく確認するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧