登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

注目の国家資格!登録販売者になるにはどうすればいいの?

登録販売者は、2009年からスタートした比較的新しい国家資格制度ですが、需要の高さから年々注目度が増しています。医薬関連は景気動向などに左右されることが少ない安定した仕事であるうえ、消費者の健康と安全を守るという社会的意義の高い仕事でもあります。登録販売者になるには2つのステップが必要となります。

規制緩和によってニーズが拡大中

登録販売者は、2009年の薬事法及び関係法令の改正によって創設された国家資格です。処方箋なしでも購入できる一般用医薬品を第1類、第2類及び第3類の3種類に分け、このうち第2類及び第3類医薬品の販売を取り扱うことができます。

従来、医薬品の販売については薬剤師による説明が義務付けられていましたが、改正後はその範囲が第1類医薬品のみに縮小され、それを補う形で登録販売者制度が設けられました。薬剤師になるには大学の薬学部などで最低でも6年間学び、必要な単位を修めたうえで国家試験に合格する必要があったため、非常にハードルの高い仕事でした。

これに対して登録販売者は同じく国家試験に合格する必要はあるものの、薬剤師に比べると資格取得は容易です。そのため、ドラッグストアやスーパーマーケットなどの雇用者側も、人材を比較的確保しやすいとして求人数が拡大する傾向にあります。一般用医薬品は第2類及び第3類のみで全体の9割以上を占めるため、多くの店舗では薬剤師が不在でも営業を行うことが十分可能なのです。

なお、薬剤師と登録販売者の業務範囲は、第1類医薬品を扱えるかどうかの他に、調剤を行えるかどうかという点にも違いがあります。調剤業務は薬剤師にのみ認められた独占業務なので、いわゆる調剤薬局では薬剤師を置かずに登録販売者のみを置くかたちでは営業を行うことができません。

試験は都道府県ごとに実施される

登録販売者になるための国家試験は、都道府県単位で毎年実施されます。制度設立当初は学歴や実務経験による受験資格の制限がありましたが2015年からは学歴・実務経験とも不問となりました。したがって、現在は誰にでも門戸が開かれています。

試験の実施方式は今後変更される可能性もありますが、現行ではマークシート方式による筆記試験によって行われます。ちなみに2019年に実施された試験では医薬品に共通する特性と基本的な知識に関する問題が20問、人体の働きと医薬品に関する問題が20問、薬事に関する法規と制度についての問題が20問、主な医薬品とその作用に関する問題が40問、医薬品の適正使用と安全対策についての問題が20問、の合計120問が出題されました。

合格するにはこれらの問題全体で7割程度の正解を出し、かつ各項目にも一定以上の正解率をクリアする必要があります。具体的な合格ラインは都道府県ごとに定められており、おおむね3割5分から4割以上とされています。合格率は都道府県ごとに異なりますが、2018年実施分における全国平均の合格率は41.3%でした。つまり合格者は2人に1人か、ややそれに欠ける程度ということになります。 試験日及び合格発表日も都道府県ごとに異なりますが、試験はおおむね8月から12月にかけて、合格発表はおおむね10月から翌年1月にかけて行われます。

独立して業務を行うには実務経験が必要

登録販売者に関して注意が必要なのは、国家試験に合格したからといってただちに店頭で独立して業務を行うことはできないということです。試験に合格した後、最初に勤務する都道府県において販売従事登録を行う必要があります。さらに、正式な登録販売者になるには2年以上の実務経験が求められます。

医薬品の販売は、単に商品を売ればいいというものではなく、商品に関する説明や相談対応が求められます。用法・用量や副作用のリスクなどについてきちんと説明できないと、利用者の健康に重大な影響を及ぼすおそれもあります。そのため、登録販売者として働こうとする場合は、コミュニケーションスキル等を身につけるために一定の実務経験が求められるのです。

具体的には、薬局・薬店等に勤務し、薬剤師もしくはすでに登録販売者として働いている者の指導・監督のもとに補助的業務に従事することで経験を積むかたちになります。求められている年数は2年間ですが、連続している必要はなく、月に80時間以上で、5年以内であれば途中にブランクがあっても構いません。したがって、たとえば1年働いた後で一時退職し、別の職場でもう1年働いたといったケースでも基準を満たすことになります。

必要な実務経験を積むと、各都道府県に申請することで実務(業務)従事証明書が発行されます。この証明を受けることで、晴れて独り立ちした登録販売者として働くことができます。

 

登録販売者試験の合格率は4割程度なので、数字だけ見る限りでは決して簡単とは言えません。ただ、事前にしっかり学習しておけば合格の可能性は十分あります。家事の合間に勉強して合格した専業主婦などの例もあるので、前向きな気持ちで試験に臨むのがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧