登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の仕事内容とは?求人サイトで仕事を見つけよう!

親指を立てている白衣を着た人
現在、国内の医療・介護問題、政府によるセルフメディケーションの推奨などの要因から医薬品に関する正しい知識を学びたいと考える方が増えており、その影響からか、登録販売者資格の人気と注目度が非常に高まっています。そして人気に伴い、登録販売者が活躍できる場面も増加中です。

ここでは登録販売者の資格を取得した場合どのような仕事が与えられるのか、業務内容などについて解説していきます。

メインの仕事は医薬品の販売

登録販売者資格とは「一般用医薬品を販売する資格」を与えられるものです。資格が販売に特化しているがゆえに、求人も全体的に販売業が多いという特徴があります。

また、登録販売者資格が登場したのは2009年。まだ資格としての歴史が浅く、当初は一般的な認知度が低かったため、受験者は医薬品販売に携わっている方や、ドラッグストア、調剤薬局に勤務していた方が中心でした。

そのため登録販売者の仕事=医薬品の販売というイメージが出来上がったと言えるでしょう。

主な就業先としてドラッグストア、調剤薬局が挙げられますが、近年は登録販売者の需要が高まり、店内に医薬品コーナーを設けているコンビニやスーパー、家電量販店などでも求人を出していることがあります。

就業先の幅が広い点は登録販売者資格を保有するメリットと言って間違いありません。

就業場所によってはレジや発注、品出しも…

コンビニやスーパーなどで接客・販売をおこなう登録販売者は、お客様から直接相談を受け、感謝されることが多いのでやりがいを感じる仕事です。一般スタッフとはまた違い、自分だけのスキルを活かしてお客様の役に立てたことが実感できます。

しかし登録販売者の資格を取得し、「いざ知識を活かして仕事に取り組もう!」と考えていても、就業場所によっては登録販売者としての業務だけをこなすというのは難しい職場もあります

例えば、コンビニやスーパー、ドラッグストアでは医薬品のほかに食料品や化粧品、日用品など多彩な商品を取り扱っていますよね。そうした店舗では、接客、会計や品出し、店内の清掃など一般スタッフの通常業務と同じ業務内容であることがほとんどです。

登録販売者の業務に加え、店の通常業務もこなさなくてはならないため、負担が大きいように感じる方もいらっしゃるかもしれません。そのような場合は、登録販売者としての業務に専念できるような職場を選ぶことをおすすめします。

例えば医薬品を販売する製薬会社の営業や、医薬品の通信販売・EC事業の経営、エステサロンなどの職場が向いている方もいます。登録販売者の資格はカバーできる仕事の幅が広いので、直接的な販売が苦手な方、職種の希望がある方なども自分の持つスキルを活かして仕事ができますよ。

もちろんドラッグストアなどの店頭での接客・販売であっても専任スタッフとして働けるケースもあるので、業務内容をよく確認して求人に応募しましょう!

登録販売者の求人は求人サイトで見つけよう!

登録販売者は実務経験や年齢などに関係なく誰でも取得できることから、若い女性にも人気。求人内容も一般スタッフと比べると優遇される面もあり、キャリアを積んでいけます。

就職や転職時にも有利に働くことがあるので、とっておいて損は無い資格です。またコンビニやスーパーなどでの需要が高まっていることから、登録販売者の求人は非常に多くあります。

このようにさまざまなメリットを持つ登録販売者ですが、求人の多さゆえに希望する職種が探しにくく、効率よく求人を見つけられないという弱点も。そこで活用したいのが求人サイトです。

登録販売者の求人を多く扱っている求人サイトであれば、希望する仕事を短時間で見つけることができます。求人サイトならスマホなどを使っていつでもどこでも情報を収集できますし、効率のよい仕事探しが可能です!

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧