登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

面接でよく聞かれる質問ってどんなこと?注意するべきポイントとは?


これから、医薬品の登録販売者になる場合には、面接を受けることが必要になります。当然ながら、面接を受ける場合にはいくつか質問を予想しておかなければいけません。質問を予想するかどうかで合格するかどうかが決まってくると言っても過言ではありません。では、このときどのような質問を予想したらよいのでしょうか。

志望動機は絶対に聞かれると考えておこう

これから、登録販売者になる場合には、ほぼ確実に質問される事項の1つが志望動機になりますので注意をしなければいけません。志望動機に関しては、人によってそれぞれ異なりますがあまり安易な答え方をすると不採用になってしまいます。

よくあるパターンとしては、家から近いからと言う理由を伝えることです。確かに、家から遠いところよりも家から近いところのほうが魅力的になるでしょう。通勤時間も1時間以上かかるところより30分以内で行けるところのほうが時間の節約にもなるからです。

ですが、そのようなことは雇用される側の条件であり、会社にとってメリットはありません。あるとすれば、交通費を安く済ませることができることでしょう。いくら本音は家から近いところを選びたいと考えていても、本当にそれを面接の場面で言ってはいけません。

また、給料が高かったからと言うのも一見良さそうでいてあまり前向きな理由とも言えません。会社側としては、確かに給料を高くしているかもしれませんが、逆に別の登録販売業者で給料がそこ以上に高いところがあれば、そちらの会社を選んでしまう可能性があります。このように考えるならば、少なくともお金の話をしないことが重要になります。

どのような話をしたら良いかと言えば、やはりその会社にとってメリットがあることです。例えば、会社側から考えると、その仕事のことを好んでいる人に来て欲しいと考えます。何故かと言えば、好きでおこなう仕事ならば苦痛にならず熱心に仕事をしてくれるからです。また、自分の夢が実現できると言うのも割と良い志望動機になります。

このように、いくつかパターンはありますが、だからといってマニュアルをそのまま真似するべきではありません。なぜなら、その内容を突っ込まれるとき答えに窮してしまう可能性があるからです。たまたま自分の考えていることがマニュアルによくありそうな内容と被ることもありますので、そのときはどのように突っ込まれても良いようにいくつかの返事のパターンを考えておくことが大事です。

会社で何を実現したいかを問われることが多い

登録販売業者になった場合には、会社で何を実現したいかを問われることが多くなります。この点に関して、何も考えていなければその場で考えることは非常に難しいです。なぜなら、その会社で何を実現できるか知らなければ答えることができないからです。

そこで、あらかじめこの質問に対する答えも用意しておくことが重要です。この点に関しても、お金の話などは可能な限り避けた方が良いです。例えば、給料をたくさんもらってお金持ちになりますといった内容だと、お金のためにしか働かない従業員だと思われてしまいます。

それよりも、その会社の特徴を事前に把握してその中で自分が実現できそうな内容を伝えることが大事です。よくある例としては、会社に入り独立を目指す人を募集しているとすれば、自分自身が将来独立したいのでそのノウハウを学びたいといった内容のことを伝えれば良いです。場合によっては、どのような形で独立をするか聞かれることがありますが、ある程度漠然とした答えでもそれほど問題ありません。

少なくとも、その会社が何に力を入れているかをよく調べていくことが大事です。それに対していくつかの答え方を用意しておくと良いでしょう。そのためには、事前に会社概要やホームページなどを確認して細かいところまで目を通しておくことが必要になります。

自己アピールを聞かれることもある

面接の質問としては、自己アピールに関して聞かれることがあります。最近増えているのが、1分間で自己アピールをしてくださいと言うものです。もし、自分の長所がわかっていなければ30秒も経たずにネタが尽きてしまうことが考えられます。仮に1分間話をしたとしても、中身のない話に終始することになり、相手に自分のアピールをしたとは言えないでしょう。

1分間でアピールをしてくださいと言われること以外には、自分の長所や短所を聞かれることがあります。特に短所に関しては、どのように克服していくのかと若干ツッコミが考えられる質問もあるわけです。そのため、自分の短所を明確にしてそれに対する克服方法を具体的に2つから3つ考えておくことが大事です。特に、人と話すことが苦手でもそれを克服するための方法を提示すれば登録販売員の面接で合格する可能性も高いです。

 

登録販売者になる場合、面接をする必要がありますが、このとき事前に知っておかなければならないものは志望動機になります。可能な限り会社のメリットになるような志望動機を考えることが必要です。家から近いからと言うものや、たくさんのお金をもらうことができるかなどといった内容では採用されることは難しいでしょう。

それ以外には、会社に入ってから実現したいことや1分間アピールなどが問われる可能性があります。それぞれ、いくつかのパターンを用意しておくことが大事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧