登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

面接対策をしよう!志望動機の例文や面接でのポイントを伝授!

登録販売者の求人があればまず面接に行ってみることが重要になります。面接に行く場合には、明確な志望の動機が必要になるでしょう。会社のほとんどは、まず初めの質問で志望動機を聞いてくることから十分な対策をしておくことが必要になります。それ以外にも、面接のポイントなどを頭に入れておくことで、有利に結果を出すことが可能です。

志望動機の考え方とはどのようなものか

これから志望動機を考える場合、知っておきたいことはその考え方になります。漠然と自分の希望していることを述べればよいわけではなく、会社にとってメリットがあることを述べることが重要です。

たとえば、よくある間違いとしては「自宅から近いので弊社を希望しました」などと述べる人もいます。確かに、雇われる側とすれば家から近い方がより時間を無駄にせずに済みます。わざわざ朝早く起きなくてもよいため、長く通い続けられるでしょう。

しかしながら、雇われる側の都合だけを話してもよい意味がありません。なぜなら、会社としてはそのような人を採用するメリットは何もないからです。

より模範解答的な内容にするならば、会社にとって役に立つ存在でありたいことを述べるべきです。たとえばその会社では、たくさんの薬品を売りたいとします。この場合、この会社で自分の能力を生かすことができれば、たくさんの商品を売ることができるに違いないと述べることで、会社にとってメリットを提示します。いずれにしても、自分の利益だけでなく会社の利益も考え出して志望動機を作る必要がります。

志望動機をまとめるにあたって必要な知識

これから志望動機を考える場合には、まず応募する会社の情報を十分に集めておく必要があります。会社のホームページに書かれている内容だけでなく、会社から渡された書類などがあれば一通り目を通しておくのがよいです。

会社によっては、いったいどのような方向に進みたいのかわからないようなところもありますが、安心できる会社の場合には方向性が明確になっており何を目指したいのかがわかります。そのような情報も十分に調べてから志望動機を作ることが重要になります。

志望動機は、長く話せばよいわけではありません。相手に伝わりやすい言葉で短く伝えるのがよいでしょう。実は、一つの物事を短く伝えるにはそれなりの技術が必要になります。無駄に長く話しをしてしまうと、その人を雇うと仕事に時間がかかってしまい、会社の利益にはあまり結びつかないと判断されるかもしれません。そのため、志望動機を伝えるときも可能な限り相手に対してわかりやすく短い言葉で伝えなければいけません。

これは、突然身に付くものではりませんので、紙に書くなどして文章をまとめておくことが必要になります。そして、それを練習することでより相手に対して伝わりやすい志望動機ができあがるでしょう。

転職する人が志望動機をまとめる場合、転職の理由を明確にすることです。これは、直接文章に書かなくてもあるいは自分から説明をしなくても会社側が聞いてくる可能性が高いです。会社側としては、前の会社の退職理由を知りたいと考えます。その理由によっては、採用してもよいと考えられますが、逆に理由があまり良くないと採用されにくい傾向があります。

たとえば、前の会社で人間関係が悪化したため退職したと述べる人もいますが、このような後ろ向きな理由で退職する人は、たいてい新しい会社に入ってもすぐやめることになります。それよりも、自分の能力をもう少し試してみたいので退職しましたなどと伝えることで、ポジティブな印象を与えることが可能になります。

面接を受けるときのポイントとは何か

面接を受けるときのポイントは、落ち着いて丁寧に話しをすることです。せっかく面接の前の段階でさまざまなシナリオを作ってきたのに、面接の場面で緊張し過ぎてしまいすべて覚えたことが飛んでしまう可能性もあります。

これを避けるためには、可能な限りたくさんの練習を積むことが重要です。練習しても緊張するかもしれませんが、全く練習をしない場合と比べると大きな結果の違いが生まれることになります。

話し声などは、はっきりとゆっくり話すことが重要です。ゆっくり話しているつもりでも、周りの人から見たら早口に聞こえる可能性があるでしょう。特に緊張しているときは、無意識のうちに早口になってしまう人がおり、相手に自分の伝えたいと考えていたことが伝わらない可能性もあります。普段から、少しゆっくり話す練習をすることで、合格に近付く可能性が高いです。

 

面接の際、必ずと言っていいほど聞かれるのが志望動機になります。会社概要や会社のホームページなどを見てその会社に即した動機を述べると採用されやすくなります。

後は、面接の心得をいくつか理解しておきましょう。面接になると、緊張してしまい話しをするときでも早口になってしまうことがあり得ます。この場合には、少しゆっくり呼吸をする形で話していくと、自然と豊かな話し方になるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧