登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

面接時の服装自由ってあるけどホント?必要な持ち物は?


登録販売者の仕事をするために面接を受ける際には、スーツなど着用ではなく「服装自由」という場合があります。そのときに本当に自由な服装でいいのか、また持ち物なども何をもっていくといいのか知っておきましょう。

これから将来性のある医療の仕事

医療関係の仕事が人気ですが一般医薬品を販売することができるには資格が必要となり、そのひとつに登録販売者があります。通常は薬剤師などをイメージしますがこの資格をもっていることによって、かぜ薬や鎮痛剤などの医薬品の販売をすることができるため、近年は薬局やドラッグストアなどで活躍することができます。

登録販売者の資格をもっていると転職するにも便利ですし、新しく仕事をスタートさせるにも効果的な戦略となります。面接では過去の経験値などを重視される傾向もあり、仕事に対する高いスキルをもっていることで注目されて採用される可能性が高いです。

またこの仕事の将来性も重要なポイントになりますが、キャリアプランを立ててこれからの仕事に生かすことや、常にステップアップする意識が大事になります。またこの資格をもって転職する人が増えている要因としては、やはり誰でも資格を取得することができるというメリットにあります。特別な受験資格はないために試験を受けて合格すれば登録販売者をもつことができるので、簡単ではありませんが転職をしたいと考える人にもチャンスです。

今後の必要性としては医療業界でもセルフメディケーションという、医薬品を使って健康を維持することをいわれているので、有資格者の活躍が期待されています。

目的があって指示されていると考えよう

面接などを受けるときに服装自由となっている場合には、意外と困ることも多く服装に失礼があってはいけないと考えてしまいます。実は服装が自由という面接は珍しいことではなく4割近い企業がそういった指定をしたことがあることがわかっています。

何か目的や意図があるのかということでいえば、まず学生がスーツの着用によって緊張が増してしまい自分の力を発揮することができないので、少しでも緩和させるのが目的です。どうしてもスーツを着て話すとなると今までと違った雰囲気なうえに緊張しやすくなるため、よい人材を発掘するにもマイナスのイメージで終わることもあります。

そうならないようにするには、自由にすることで「いつもの自分」を演出することができ、発言などの緊張を和らげることで本来の人材を見つけることが可能です。また自分の服装ということでは季節にあった服装をしているのか、ファッションセンスを評価している人事担当者もいるくらいなので重要といえます。

そして気をつけたいポイントとしては相手に与える清潔感で、これは髪型から服がヨレていないことや汚れなどがないか、派手なイメージもどちらかというとマイナスに作用することもあります。それらも含めて面接では自由な服装を選びどのような格好がいいのか、また清潔感のある髪型も考えてマッチしているかも、登録販売者としての意識を試されていることも考えることです。

用意しておいたほうが良いものもある

登録販売者の面接ではどのようなものをもっていけばいいのかというと、一般的な持ち物でいいのですがいくつか必須なアイテムがあります。まず企業から書類を預かることがありますので、重要な書類を入れておくことができるカバンやバッグなどを準備しておくことです。また必ずA4サイズの書類が入るようなカバンを用意しておくことがマナーとしてあるのは、それ以上大きな書類はほとんど使うことがないといえます。

自分の学歴や職歴などが書いてある履歴書なども相手側に送っているというだけではなく、やはりコピーをしておいて自分でも手元におく必要もあります。そして忘れてはいけないのは筆記用具になりますが、当たり前のようですがこちらもスケジュール帳を用意しておくこともおすすめです。今はスマートフォンなどでスケジュール管理をしている人もいますが、やはり通信機器でメモをするのではなくスケジュール張を一冊もっておくことで社会人としての認識がされます。

そしてスマートフォンや携帯電話は忘れずにすることで、面接前に突然のトラブルがあった場合にも連絡がつくようにしておくことです。いつもは忘れることがないのに、面接当日になると緊張して忘れてしまうこともよくあるので、家をでるときには注意をしておきます。

 

医療関係の仕事として将来性のある仕事として登録販売者という資格があり、転職をする人ではもっていることで面接がスムーズに進みます。薬の専門家でもある薬剤師などの資格者と違って仕事内容は限られていますが、かぜ薬や鎮痛剤など医薬品の販売ができることが魅力な仕事です。

人事担当との面接で服装が自由というところもありますので、緊張感がでないように自分の普段どおりのセンスでいくこともできます。しかし、あまりに奇抜な格好だったり季節感のない服装でいってしまうと、その人柄を査定されてしまうので清潔感を大事にして準備をすることです。その他にも持ち物なども筆記用具やスケジュール張も用意しておくことで、社会人としてのマナーを守っているといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧