登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

気になる!登録販売者の給与はどのくらい?年収は?


登録販売者の給与は、雇用形態や勤務日数、業務内容などによって大きく異なりますが、フルタイムで働く場合には年収300万円前後の人が多くいます。また、ドラッグストアの現場で経験を積んだ後に、より専門的な研修を受けることによって、店長やマネージャーなどの管理職に就くことで高収入を期待することも可能です。

都市部の人手不足のエリアなら安定収入を得られる

都市部の人手不足のエリアにあるドラッグストアでは、正社員の登録販売者の確保に積極的なところが多くあり、基本給を高くしたり、資格手当を新たに導入したりするところも増えています。また、給与額は勤務日数や主な仕事の内容などに左右されますが、安定収入を得るためには、できるだけ専門性が必要とされる業務に取り組める店舗に就職をすることがおすすめです。

最近では、有資格者と資格を持たないパートやアルバイトの仕事内容をきちんと分けているドラッグストアも少なくなく、日々の仕事を通じて少しずつ専門スキルを習得しやすくなっています。また、大手企業が運営するドラッグストアでは、数年の店舗での実務経験を持つ人を採用するために、長期にわたるキャリア形成ができる仕組みを整えているところもあります。

そこでドラッグストアの登録販売者の仕事に関心がある場合には、さまざまな店舗の求人の内容を比較して、年収だけでなく将来性にも目を向けて職場探しをすることがおすすめです。なお、ドラッグストアの店員として求められる能力や経験については、各店舗が扱っている医薬品の種類や、顧客の数などによって違いがあるため、就職をする前に長く働けるかどうか見極めをすることが肝心です。

経験を積んで管理職を目指せば高収入を期待できる

ドラッグストアの登録販売者の平均的な年収は300万円から400万円となっており、現場で働く人は大幅な収入アップが難しいという特徴があります。そうした中、将来的に満足のいく給与をもらいたい人は、ドラッグストアで販売や医薬品の説明などさまざまな仕事を経験した後に管理職を目指すことがおすすめです。

人材育成に力を入れているドラッグストアにおいては、一定の勤務経験がある登録販売者を対象として、業務の合間を縫って管理職として必要なスキルを身に着けられる研修を実施しているところもあります。また、幅広い年齢層の店員が在籍している店舗の中には、ベテランの有資格者による新人教育がおこなわれているところや、昇進や昇格の基準が明確なところも少なくないため、じっくりと人気の職場の特徴を把握してみましょう。

ドラッグストアで管理職になるまでに掛かる期間は、個々の能力や適性だけでなく、事業の展開や欠員の有無などに影響を受けることもあるため、就職活動を通じてお目当ての店舗の事情をきちんと理解する必要があります。その他、管理職手当として年間数十万円から百万円ほどの金額が支給されるドラッグストアについては、大勢の求職者が集まる傾向があるため、求人票に一通り目を通して、余裕を持って選考に備えることがポイントです。

アルバイトやパートとして高時給で働ける店舗もある

経営が安定しているドラッグストアの中には、正社員だけでなくアルバイトやパートが高待遇で働けるところがたくさんあり、私生活との両立をしたい人にとって絶好の状況となっています。たとえば、全国チェーンのドラッグストアでは、登録販売者の資格を持つ店員の時給を1,000円以上に設定しているところも多くあり、ひと月あたり20万円以上の収入を得ることもできます。

また、店舗によってはアルバイトやパートとして数年程度勤務をした人を正社員登用しているところもあり、馴染みのある職場で継続して働きたい人にとって大きな魅力があります。

登録販売者の給与は、同様の業務を担当する場合でも、勤務をする店舗の業績によって大きなバラつきが出るケースも珍しくありません。そこで、待遇にこだわって勤務先を決めたい人は、各地域でアルバイトやパートの募集をしている店舗のウェブサイトなどを覗いて、有資格者の時給の相場を確認すると良いでしょう。

 

登録販売者は、全国のドラッグストアにおいて中心的な業務を担当することから、無資格の店員と比べて恵まれた条件で働くことが可能です。たとえば、有資格者が不足しがちな都市部では、給与の見直しをおこなったり、若手のスタッフの受け入れ態勢を整えたりしている店舗もあり、同じ職場で満足のいく待遇で働き続けることができます。

また、正社員でなくてもパートやアルバイトとして高時給で働ける職場の数も増えているため、都合が良い日時に効率よく稼ぎたい人にとって、魅力的な職種として捉えられることがあります。登録販売者の年収は雇用形態だけでなく、勤務先の店舗の経営状態や担当する業務の内容などにも影響を受けやすいという特徴があります。

なお、登録販売者として専門スキルを身に着けながら高収入を目指したい人は、管理職へのキャリアパスが用意されているところや、幅広い年齢層の店員が揃っているところを職場に決めることがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧