登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者に向いている人ってどんな人?男性と女性どっちが多い?

薬剤師以外にも医薬品を販売することができる人もいます。それを登録販売者といいます。登録販売者の資格を取得することで、薬局やドラッグストアなどで薬品を販売することができるのです。ですが、自分に向いているかどうかは重要になります。また男性と女性では、どちらのほうが向いているのか等を見ていきます。

基本的に薬に対して興味がある人がよい

将来的に登録販売者になるためには、薬そのものに興味があることが重要になります。そもそも薬に興味がなければ、登録販売者としてやっていくのは難しいでしょう。

ただこの点に関しては、薬学部出身者がほとんどを占めているため特に問題ないといえます。問題になるのは、たいして興味がないけども何となく給料が高いからやりたいという人です。

そのような人がたまにますが、仕事に慣れても興味がなければ途中で飽きてしまうものです。このような意味においても、情熱的に薬に対しての知識を吸収したりそれぞれの薬の違いなどを熱心に調べることができる人はやはり向いています。向いている仕事は、その人からオーラが出るようになりお客さんにもそれが伝わるでしょう。

ただ、向いているかどうかとは別に、その人にとってぴったりの環境もあります。静かなお店が好きなのに、頻繁にお客さんがくるような場合であれば、いくら向いている仕事といえども途中で嫌になってしまう可能性があるかもしれません。そのため、単に登録販売者になるだけでなくお店を徹底して調査することも重要になります。これができていれば、お客さんに魅力を伝えることができるでしょう。

人と接することが好きな人も向いている

基本的に、登録販売者の仕事は薬を売ることになります。薬といっても、第一次医薬品を販売することができませんが、それ以外は薬剤師と同じだけの権限が与えられています。薬を販売するときは、必ず顧客と接することになるでしょう。

例えば、自分がドラッグストアを利用することを考えたらわかります。ドラッグストアを利用する場合、どの薬がよいかわからない場合には、とりあえず白服を着ているスタッフに話しを聞くことになるでしょう。

それが、単にどこに自分が求めている薬が置いてあるかということも考えられますが、どの薬が効果的かなどと話を聞くことも可能になります。登録販売者としても、お客さんから尋ねられたときに笑顔で接することが必要です。もし、人と接することが嫌いな人や話をすることが嫌いで黙々と何か一つのことに作業をすることが好きな人ならば、お客さんと接するごとにストレスを溜めてしまう可能性があります。

話に関しては、聞き上手な人かどうかも重要なところです。特に最近は、老人のお客さんなども増えてきています。老人のお客さんは、若い人に比べて暇なこともあり自分が一方的に話をすることが好きな人も多く、思わず話しが長くなってしまうこともあり得るでしょう。

しかし、話をしっかり聞いてくれるお店に関しては、足しげく通うようになる可能性があります。特に聞き上手の場合には、この人は自分の話を聞いてくれたということで、その店のファンになってくれる可能性があります。たったそれだけで、リピーターになってくれる可能性が高くなり、最終的にそれが売り上げにつながると言えます。

男性と女性でどちらが向いているのか

男性と女性では、どちらが登録販売者に向いているでしょうか。レジを打つ人と同じように、薬を販売するだけならば特に男性のほうが向いているといったことはありませんし、逆に女性の方が向いているといったこともありません。この場合には、男女で特に大きな違いはないといえます。

つまり、どちらも向き不向きは関係なく、それよりも話しが好きかどうかや人が好きかどうかなどによって決まってくるところです。ただ、話しが好きかどうかに関しては、女性のほうが話し好きの人が多いため、男性よりもやや有利とも言えます。

もともと女性は人に関心があり男性は者に対して関心があるため、話しの切り口なども変わってきます。このように考えれば、女性がやや有利な感じがしますが、男性だからといって仕事の結果が残せないわけではないです。

 

登録販売者になる場合、どのような人が向いているか気になるところですが、少なくとも人が好きな人あるいは話が好きな人は向いています。特に最近は、高齢者の人たちが薬を買いにくるパターンが非常に多く、そこで話をじっくりとすることができればお客さんもお店の人の不安になってくれる可能性が高いです。

男性と女性のように性別で向き不向きが分かれるかという疑問もありますが、実際にわかれることはないといえます。ただ、女性のほうが人間に興味があり人と話すことが好きな人がやや多いため、会話前提の仕事になるとすれば、女性のほうが向いているとも言えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧