登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の休日はシフト制が多い?土日は休める?


登録販売者が勤務しているドラッグストアの中にはシフト制が採用されているところが多く、年中無休の店舗であっても、他のスタッフと相談をして土日に休みを取ることが可能です。また、パートタイムで働く場合には希望通りに休みやすいことから、子育て中の女性の間でも人気の職業として捉えられるようになっています。

パート勤務なら都合の良い曜日に休日を取りやすい

登録販売者は全国のドラッグストアにおいて医薬品の販売や、効能や副作用などの説明をする専門職として配置されることがあります。こうした仕事を選ぶ際は、各店舗の勤務体系や営業時間などに注目をして、希望通りの休みが取れるかどうかよく調べることが大切です。

大手チェーンのドラッグストアにおいては、パート勤務の登録販売者の採用を積極的におこなっているところが多くあり、他のスタッフと交代で土日祝日の休みも取りやすくなっています。また、一か月あたりの休日の日数については、それぞれの店舗の方針やスタッフの人数などによって大きく異なるため、求人選びをする際に分からないことがあれば店舗の担当者に積極的に質問をすることがおすすめです。

最近では、未経験者も無理なく働けるように、パート勤務の休日の確保をしっかりとおこなっているところや、スタッフの増員をするところが増えているため、早いうちから店舗ごとの事情を確認しておきましょう。なお、研修期間中は店舗によって思い通りに休みが取りにくかったり、一回の勤務時間が長くなったりすることもあるため、仕事と家庭生活との両立を果たすうえで、働きやすい店舗を自分なりに見極めることが肝心です。

人員配置に余裕がある店舗を勤務先に決めよう

登録販売者がドラッグストアで適度に休みを取りながら、自分のペースで働きたい場合には、シフト制の職場を選ぶのはもちろんのこと、人員配置に余裕があるかどうかきちんと把握をすることが大事です。特に、一年を通じて人手不足の店舗においては、一人あたりのスタッフの仕事量が増えるだけでなく、働き始めたばかりのスタッフが新人の教育を担当することもあるため注意が必要です。

また、安心して働ける職場を見つけるには、登録販売者の求人票に目を通すだけでなく、面接を受ける前に興味があるドラッグストアに実際に来店をして、スタッフの働きぶりをチェックしてみるのも良いでしょう。

スタッフの処遇改善に力を入れているドラッグストアの中には、人員配置を見直して土日を含めて希望の休日を取りやすくしているところも多くあるため、公式サイトや求職者向けの資料を参考にしながら、じっくりと店舗ごとの特徴を比較しましょう。

なお、登録販売者の実務経験が少ない人は、一通りの業務を覚えるまでにある程度の期間が必要となります。そこで、業務研修の内容が充実しているところや、先輩からフォローを受けられる環境が整っているところを探しましょう。

正社員として働く場合には土日の勤務を任されやすい

ドラッグストアで正社員の登録販売者として働く場合は、パート勤務と比べて土日の勤務を任されやすい傾向があるため、店舗ごとの事情を把握して、自分に合った働き方ができるかどうか調べることが重要です。土日に休みが取りにくいドラッグストアの中には、経験豊富な正社員の離職を防ぐために、数か月に一回の長期休暇を取れるようにしたり、福利厚生を充実させたりしているところも少なくありません。

また、大規模なドラッグストアにおいては、正社員が中心となって医薬品だけでなくさまざまな商品の陳列やレジ打ち、伝票整理などを担当することもあるため、じっくりと条件に合う店舗を選ぶことが肝心です。もしも、正社員であってもさまざまな理由で土日に休みを取りたい場合には、平日のみの営業をおこなっている地域限定のドラッグストアを選んだり、時短勤務などの条件が付いている求人に応募をしたりすることがおすすめです。

その他、時間に余裕があれば、実際に各地で評判が良いドラッグストアで正社員として働いている人の感想をチェックして、年間の休日の日数や、シフトの希望の通りやすさについて把握することが重要です。

 

ドラッグストアの登録販売者の休日は、勤務先の営業時間や仕事量、顧客数などさまざまな要素に影響を受けやすいため、時間を掛けて自分の都合通りに休みが取れる職場を見つけることがおすすめです。また、できるだけ土日の休みを取りたい人は、スタッフの数が多いところや、パート勤務をはじめとした短時間の働き方を選べるところの求人を優先的にチェックすると良いでしょう。

登録販売者を含めてすべてのスタッフがシフト勤務をしているドラッグストアにおいては、土日に休日を希望する人が多くなりやすいため、求人選びの段階から興味がある店舗の事情をよく確かめておくことが大事です。なお、新人の登録販売者は、仕事を覚えるために一定期間はなかなか希望通りの休日を取れなかったり、残業や休日出勤が必要となったりすることもあります。そこで、働き始めてから後悔をしないため、面接のときに担当者に採用後の労働条件について説明を受けることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧