登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者としての仕事のやりがいは?どんな時に感じる?

仕事を長く続けていくためには、やりがいがあることが重要になります。登録販売者の場合には、薬を販売する仕事にはなりますが、必ずお客さんと接する仕事になるでしょう。

また、自分の存在一つで売り上げが変わっていく可能性もあります。これらを踏まえて、やりがいはどのようなときに訪れるかを見ておきましょう。

単純に薬が売れた場合はやりがいを感じる

まず登録販売者としてやりがいを感じる瞬間の一つが、薬が売れた場合です。単に薬が売れただけでは対して喜ばしいことではありませんが、お客さんが直接登録販売者に質問をしてきた場合、結果的に自分の勧めた薬などが売れたとすればうれしいでしょう。

どのような場面が考えられるかといえば、例えば風邪をひいている人がドラッグストアに行ったとします。風邪をひいている人は、当然風邪薬の売り場に行くことになるでしょう。このとき迷ってしまうのは、たくさんの薬がある場合です。たいてい風邪薬は1種類を2種類だけではなく 10種類から20種類ぐらい置いていることが多いです。

ある程度知識や経験が豊富な人ならば、それぞれの違いがわかっていたり、自分にとって効果的な薬がどれなのかを判断することが可能になります。ですが、お客さんのすべてがそのような人ばかりではりません。中には、どの薬がいいのかさっぱりわからない人もいて、その場合には登録販売者に質問をしてくるでしょう。

このとき、自分が勧めた商品を紹介しそれが売れていくとすれば、自分自身が売り上げに貢献していると感じるようになります。売り上げに貢献することはその人の喜びあり、また次も頑張ろうと感じるでしょう。このように考えれば、やりがいがあるかどうかは自分の会話によりお客さんが納得し、薬が売れたときになると言えます。

人と話しをすることができた場合もやりがいが出る

人と話をすることができる仕事の一つが、登録販売者になります。薬局などで、裏方に回り薬の調合などをしている人は、あまり人と接することはないかもしれません。

人と接する場合でも、従業員と接することが多いかもしれませんが、だからといって積極的にお客さんと接することは少ないでしょう。仮にお客さんと接触したとしても、事務的な会話になってしまうことが多いです。ですが、登録販売者は、もう少しお客さんと近しいところにいる存在です。

例えばドラッグストアで働くことを想像するとわかりますが、ドラッグストアの場合にはよくお客さんが声をかけてきます。なぜ声をかけること言えば、どの薬を使っているかわからないからです。病院などで処方される場合は、患者が薬を選ぶわけではありませんので、医者が選んだ薬をただ飲んでいるだけでしょう。ですが、いざドラッグストアに行ってみると薬の種類が豊富なためお客さんとしても登録販売者に話を聞かなければわからないことが多いです。

そこで、お客さんの方で積極的に話しをしてくれる人も多いため、基本的に話好きであり人が好きなことが重要になります。話すことが楽しみならば、それが相手に伝わるものです。相手に伝われば、その人がおすすめの薬を積極的に購入してくれることになるでしょう。このような場合、売上に貢献しているという気持ちが強くなり、それがやがてやりがいにつながる可能性が高くなります。

お客さんの病気が良くなった場合もやりがいが出る

登録販売社が販売する薬を使って、お客さんの状態が良くなることも少なくありません。そもそも薬自体は、お客さんの病気を治すために販売しているわけです。もちろん中には、なかなか治らない病気などもあるでしょう。ですが、そこまで状態が悪くないとすれば、薬一つで治ってしまうことも少なくありません

お客さんの中には、話し好きの人もいてどの薬がよく効いたなどと販売者にいってくることもあります。その中で「あなたが紹介してきた薬を飲んでみたところ、すごく身体が良くなった」などといってもらえれば、その瞬間から大いにやりがいを感じるようになります。

そのため、登録販売業者としても、単に薬を売却するわけではなくその人の状態を見極めてより妥当な薬を販売することが重要になります。そのためには、見極める力をつけることが重要です。再び商品が欲しいとお客さんに思わせるような人は、それがやがては理解につながっていき満足度の高い仕事をすることができるようになるでしょう。

 

販売登録者としてやりがいを感じる瞬間は、自分の力で売り上げを伸ばした場合です。特に、自分の説明した商品をリピートしてくれるお客さんが増えた場合には、売り上げの増加を感じる可能性があります。

また、人と話すことが好きな人は、お客さんと話をしているだけでもやりがいを感じるようになります。やはり、人と接する接客業である以上は、会話は重要になるところです。

それ以外では、自分の紹介した薬がよく効いたと喜んでくれるお客さんがいるとすればそれもまたやりがいにつながります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧