登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者試験の難易度は高い?未経験でも目指せる?


販売登録者になるためには、資格が必要になります。いわゆる、販売登録証試験に合格しなければ販売登録者になることはできません。薬を扱う仕事になるため、それなりの難易度などが予想されそうですが、その実態はどうでしょうか。そこで、難易度がどれぐらいになるのかそして未経験者でも目指すことができるのかを見ていきましょう。

合格率は45パーセント前後になっている

国家試験にもさまざまな種類がありますが、難易度の高いものとして有名なのが公認会計士試験や司法書士試験になります。これらは、狭き門といわれておりと旅行した受験生の中でもごく一つかみしか合格することはできません。全体の5パーセント程度といわれていますので、ほんのわずかな人だけが合格する形になります。

これに対して、登録販売者のテストの合格率は45パーセント程度になっています。この数だけでみると、試験を受けている人の半分ぐらいは合格していることが理解できるでしょう。ここから考えれば、試験自体はそれほど難しくないことが理解できます。

確率的にいえば、1回目に不合格をしたとしても、2回目は合格する可能性が高いです。もちろん、ただやみくもにテストを受けているだけでは合格しませんので、十分な対策を取って勉強時間を確保し実行することが重要になります。

登録販売者に関する受験者は、昔と比べて増えてきている傾向にあるでしょう。なぜ受験者が増えてきていることいえば、それは学歴などの条件を必要としなくなったからです。かつては、学歴などが条件の一つになっていましたが、それが撤廃されたことにより中卒でも受験資格があるといえます。そのため、試験を受ける人が多くなってきており、今後合格枠が広がらなければ倍率は若干厳しくなってくる可能性があります。

受験生が増えていることで難しくなることもあり得るか

受験者が増えると、試験に合格しにくくなると考える人もいるでしょう。確かに、合格枠が変わらず受験する人だけが増えていれば難しくなりそうな感じがします。ですが、学歴がなかった人がこのテストに臨むとすれば実はそこまで脅威ではありません。

大卒の人でしかも薬学系の勉強してきた人ならば、基礎的な知識はすでにほかの人の何倍もあるはずです。このような場合には、特に人数が増えても恐れる必要はありません。もともと倍率自体がそこまで高くなくしかも合格しやすいとなれば、大学時代に薬学を勉強している人ならば基礎力プラスアルファはだけで合格できるでしょう。

これに対して、薬学の勉強したことがないけども、登録販売者の仕事に魅力を感じる場合には受験資格などはほぼ撤廃されていますのでいつでもだれでも受けることが可能です。しかしながら、すでに何年も薬学を勉強している人と中卒や高卒で薬学の基本を知らない人ではやはり大きな差があるといえます。

そのため、勉強をする場合にもかなり徹底して時間を確保しなければいけません。テストの範囲自体はそれほど広いわけではありませんが、とにかく覚えなければいけないことがたくさんあります。この点をどのように克服するかによって、合否の分かれ目が明確に見えてくるでしょう。

合格点などはどれぐらいになるのか

これからテストを受けるならば、合格点が一体どれぐらいになるのか気になるところです。合格点に関しては、過去の問題から考えると全体の7割以上は得点しておきたいところです。

7割以上と考えると、かなり勉強をしなければならないときがありモチベーションが下がってしまうことも考えられます。しかし7割が合格点だとしても、7割とらなければいけないと考えるのではなく、3割は落としてもよいと考える方が気分が楽になります。

合格ラインに関しては、都道府県によって若干異なる傾向があります。7割以上が合格点だとしても、各科目の中で極端に低い得点の科目がある場合には不合格にされてしまう可能性があります。

ある科目は8割以上を取っているのに、別の科目では3割程度しかとっていないとすれば合格が微妙になるでしょう。たとえ合計点がよかったとしても、極端に一つの分野だけ知識がないとすれば、販売するときに間違えた知識を持って販売することになりお客さんに迷惑をかけてしまいます。

そこで、たいていの都道府県では、合計科目が7割を超えていたとしても、1科目でも点数が3割や4割以下の場合は不合格にするとしています。そのため、得意なジャンルと苦手なジャンルはるかもしれませんが、可能な限り苦手なジャンルも50点以上をとるようにしておくことが重要です。

ただ、苦手なジャンルに関しては、基本的に80点や90点をとるのは難しいはずです。もし、確実に50点以上得点できると判断できる場合は、それ以外の得点をとりやすい科目に注目して勉強をするのが一番です。

 

登録販売者試験を受験する場合、難易度が気になるところですが合格率が45パーセント前後になっていることを考えれば、そこまで難易度が高くありません。ただ、その人の知識がどの程度あるかによっても合格できる可能性は随分と異なります。

極端な例ですが、薬学部出身の生徒と中卒であまり勉強してこなかった人が同じ試験を受けた場合、結果は大いに異なる可能性があります。全体的に7割ほど得点していれば合格する可能性が高いですが、1科目でも3割から4割程度しか取れなかった科目があるとすれば不合格になってしまうことも考えられるわけです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧