登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者試験を受けたい!受験資格や条件はあるの!?


国家資格にはさまざまな種類がありますが、医薬品販売の専門家である登録販売者の人気が高まっています。誰でも受験できますのですぐにでも勉強を始めることもできますが、受験科目や仕事内容をよく知ってから挑戦しましょう。安易な気持ちで取得することなく、社会に貢献する立場であることをしっかり認識しましょう。

登録販売者資格の取得条件について

登録販売者とは一般用医薬品を説明販売する専門家で、薬局、ドラッグストア業界から注目されている国家資格です。国家試験に合格することで登録できますが、受験のための条件がなく、誰でも受験できることから人気が高まっています。

合格して登録した人は国から医薬品の専門家として認められたことになりますから、社会的信用もあり、そのニーズも高まっています。薬局やドラッグストア以外でも、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで薬を販売していれば知識を活かすことができ、手当が支給されることもあります。

介護業界でもその知識が役立ちますし、エステサロンでのアドバイスをおこなうこともできます。将来的には独立開業することもできますので、無限に可能性が広がっているといえます。

どんな試験で合格率はどれくらい

試験問題は全120問と決まっていますが、都道府県単位で実施されるため、その合格率は地域によって差があります。高いところでは50%を超えることもありますが、低い都道府県ですと20%程度のこともあります。

合格最低ラインは70%以上と決まっています。その点数を高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、午前2時間と午後2時間の合計4時間をかけて120問の長丁場です。軽い気持ちやほとんど勉強していない状態では合格は難しいと言えます。

合格のための専門の教材も販売されていますし、過去問もあります。全ての資格試験や入学試験に言えることですが、一番力を入れたいのは過去問です。前回までに実際に出題された問題のことを指しますが、次の試験は前回までの試験内容に少し新しい部分がたされて出題されます。

過去問を解くことで出題範囲を確認できますし、満点を取らなくても合格できることから、過去問が確実に正解できれば十分合格できるとも言えます。試験が近くなってくると不安になって、あれこれ新しい問題集に手を出したくなるでしょうが、過去問だけを繰り返すのが一番確実な勉強方法です。

都道府県ごとに試験日が違いますので、一度失敗しても他県まで行けばすぐにまた受験はできますが、それに甘えているといつまでも合格できません。一発で合格する気持ちで勉強を続けて、余裕をもって受験しましょう。合格してからも新薬に対する勉強が必要です。

登録販売者の求人はどれくらいある

医薬品販売の専門家として国に認められていますから、もっていると就職や転職に有利ですし、ドラッグストアを中心に、薬を販売する店舗ではなくてはならない資格ですので、求人数はどの都道府県でも多くあります。

医薬品販売のプロフェッショナルである薬剤師との大きな違いは、販売できる薬の種類にあります。登録販売者が扱えるものは一般医薬品の第2類と第3類だけです。

一般医薬品は3種類に分類されていて、第1類は薬剤師だけが販売できますが、その説明には書面が必要など厳しく管理された健康リスクの高い薬です。第3類は購入時の説明が不要ですのでインターネットで購入することもできます。

登録販売者の仕事で一番大切なのは第2類の販売です。販売時の説明は努力義務ですが、薬ですので健康リスクがないとは言い切れませんから、薬剤師でも登録販売者でもお客様、患者さんの立場に立って説明してあげる姿勢が大切です。

第2類に分類されえいるのは主に風邪薬や鼻炎薬、解熱鎮痛剤などどこのご家庭でも常備してある薬ですが、一般の方には説明書の内容がわかりにくかったりしますので、販売時にはより詳しい説明が求められます。

 

従来は学歴や実務経験などの受験資格がありましたが、それが撤廃されたことで取得しやすくなりました。そうはいっても仕事の責任が軽くなったわけではありません。

薬を販売するという健康に関する大切な仕事ですから、受験前も、資格を取得してからもその心構えが大切です。専門家として患者さんに説明し、質問に答える義務があります。

日々販売される新薬の専門知識を習得するのは当たり前ですし、社会人としてのマナーや言葉遣いも大切です。ていねいに説明して、その薬で患者さんの健康が回復すればきっと感謝してもらえる、やりがいのある仕事です。

社会の高齢化とともにますます需要は高まるでしょうし、それと同時に責任も増えていきます。試験に合格して仕事を始めてからも日々新しい薬が販売されますから、それに対応する勉強もまた必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧