登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

意外と知らない!?「登録販売者」と「薬剤師」の違い


医薬品を扱うことができる登録販売者は、薬剤師と間違われることの多い資格です。近年需要が高まっている登録販売者の資格を取得しようと考えている人も多く、どのような資格の違いがあるのか、試験の難易度はどの程度なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、それぞれの違いについて詳しく解説していきます。

登録販売者とは?

そもそも登録販売者というのはどのような資格なのでしょうか。

・登録販売者の特徴
・登録販売者ができる業務内容
・登録販売者の平均収入

以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

登録販売者の特徴

登録販売者とは2009年6月に新しく施行された、薬事法によって新設された資格です。薬品を取り扱うことができる薬剤師の業務負担を軽減して、より多くの人が医薬品を扱えることができるようにという趣旨のもと新設された資格です。

とくに近年では、インターネットを通じて薬品を購入できるようになったため、薬剤師だけではすべての業務をこなすことは難しくなっています。そのような背景があることから、登録販売者の需要が高まっているのです。登録販売者は医薬品における第二医薬品と第三医薬品を取り扱え、ドラッグストアや薬局などで活躍できます。

登録販売者ができる業務内容

登録販売者が行える業務内容については、さまざまなものがあります。たとえば、医者などの処方箋が必要のない一般的な医薬品のうち、第二医薬品と第三医薬品を取り扱えるというものです。

処方箋のいらない医薬品に関しては、近年スーパーやドラッグストアなどで急速に販売されており、資格がないと販売できないため、登録販売者が重宝されるようになっています。また単純に販売するだけではなく、薬を購入しようと検討している人に対して、利用する上においての注意点や症状に適しているかなど、さまざまなことを説明する役割も担っているのが特徴です。

登録販売者の平均収入

登録販売者の平均収入については、勤務先がなどによっても大きく変化しますが、平均で300~400万円が一般的です。勤続年数や役職などによっても大きく変わってくる場合があり、一概にこの収入が正しいと断言はできません。登録販売者の資格を有していれば、スーパーやドラッグストアなどの店舗管理者に任命される可能性が高まり、上記以上の額を目指すことができる場合もあるでしょう。

上記の数値に関しては、企業で働いている正社員の金額ですが、登録販売者の場合アルバイトでも取得して働くことが考えられます。パートやアルバイトで登録販売者の資格を有している場合、資格手当を含めた時給は少しだけ上がる可能性があるため、今後より効率的に稼ぎたいと考えている人は資格を検討するのもおすすめです。

薬剤師とは?

薬剤師とはどのような資格なのでしょうか。

・薬剤師の特徴
・薬剤師ができる業務内容
・薬剤師の平均収入

上記に沿って解説していきます。

薬剤師の特徴

薬剤師は、資格を取得するのに大学の薬学部を卒業し、その上で資格試験に合格しなければいけません。とくに薬学部に関しては、大学を卒業するために6年という時間が必要となってくるのが特徴であり、4年制の大学では受験資格を取得できないので注意してください。薬剤師の資格を取得しようと考えている場合は、登録販売者などとは異なり専門学校などでは受験できないので、大学に行く必要があるのです。

薬剤師ができる業務内容

薬剤師が仕事できる仕事内容として挙げられるのが、「第一類医薬品」を取り扱えることです。また処方箋が必要ないものだけではなく、処方箋が必要となる薬の調剤、薬に関しての説明や指導、開発などさまざまな業務を担えます。

基本的な薬剤師の働く場としては、薬を取り扱うことが多い病院や街のクリニック、薬局が考えられるでしょう。しかし、近年では薬を開発するための研究室、薬を取り扱うことの多い保健所などの行政機関、自衛隊でも勤務できるようです。

薬剤師の平均収入

薬剤師の平均収入については、資格取得が困難なため平均的に高いのが特徴です。薬剤師に関しての平均収入を調査した厚生労働省のデータによると、一般的なクリニックや調剤薬局などで働く薬剤師の平均収入は500万円前後となっています。

薬剤師は働くことになる場所や業務の内容によって、収入も大きく変わってくることがあるようです。とくに薬剤師の人材不足が著しい地域で働くと、より高い収入を得られるとされています。また、新しい薬など開発することが多い製薬会社の研究業務などでは、一般的な薬剤師よりも収入が高いこともあるようです。

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬剤師の違いで大きいものは、薬剤師は登録販売者とは異なり第一類医薬品を取り扱えることです。薬剤師は登録販売者より専門知識が豊富なため、処方箋などが必要な医薬品を取り扱えます。また知識を活かして、薬の研究開発業務などにも携わることが可能です。

 

今回は登録販売者と薬剤師の違いについて詳しく解説してきました。薬剤師は登録販売者よりも取得するのが困難ですが、平均の収入が高い傾向にあります。どちらも役に立つ資格なので、興味がある人は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧