登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者の過去問演習は法改正に注意!効率的な解き方も解説


薬局やドラッグストアで薬品の販売に携わることができるのは、薬剤師のほかに登録販売者があります。2009年に新設された公的資格の一種で、薬局やドラッグストアで働いている方にとって収入や昇進をはかるためには必須の資格といえます。ただしこの資格を取得するには都道府県単位で実施されている試験に合格する必要があります。

登録販売者になるにはどうすればいいのか

かつては薬局やドラッグストアで薬を販売できるのは、薬剤師と薬種商という資格取得者のみでしたが、深刻な薬剤師不足に対応するべく新設されたのが登録販売者という公的資格です。この資格の登場で薬剤師への負担は軽減し、この資格保持者を置くことでコンビニやホームセンターでも一部の薬品を取り扱うことが可能になりました。

登録販売者の仕事内容は主に医薬品販売です。薬剤師とことなるのは販売できるのは第2類と第3類の医薬品のみになります。これらの医薬品は販売実績が豊富で、人体への影響が解明されており副作用のリスクも比較的軽微と考えられるものです。

医薬品販売以外にも、お客様に適切なアドバイスを提供したり、副作用のリスクや効果効能などの説明も職務内容に含まれます。販売できる医薬品に制限があるとはいっても、医薬品に関する幅広い知識が必要とされます。一般的な商品の品出しなどの補助業務だけではなく、医薬品販売を自己の責任で担当できるので昇給や将来の幹部召集を見込めるのが登録販売者の魅力です。

なお資格を取得するには都道府県単位で開催される試験を突破することが必要です。試験資格には一切制限がなく、誰でも受験できます。ただし合格後実際にこの肩書きで就業するには、直近過去5年間のうち2年以上の実務経験が必要となります。そのため薬局などで働きながら資格取得を目指すのが一般的です。

合格のためには早期から過去問に手を付ける

登録販売者の試験内容は、1問1点のマークシート式で出題される120問のうち、全体の7割以上の得点が条件となります。ただし合格条件には試験科目5科目について、各科目ごとに35%以上(都道府県によっては40%以上)の足きり点を突破する必要があります。

そのため不得意科目の対策を疎かにすると合格するまでに時間を要するかもしれません。ちなみに合格率は都道府県によりまちまちですが、全国平均は43%程度の得点となっています。ところで登録販売者の試験を突破するには過去問対策はマストです。インターネット上ではクイズ形式になっている問題を目にできますが、合格レベルに到達するには過去問集を購入したり、通信の資格対策講座を受講する必要があります。

独学か専門学校を利用するか、勉強のスタイルには違いがあるにせよ、出題される5科目についての教科書や参考書を読みながら合格に必要な知識を身に付けることに変わりはありません。その意味では教科書を中心に学習を進めれば充分であるようにも思えます。

しかし短期合格を目指しているなら過去問は学習を開始した早期の段階から手を付けるのが賢明です。教科書や参考書を読んで理解したつもりになってはいても実際に問題に向き合うことで、本試験で出題される範囲や独自の出題形式、引掛などもかいくぐり合格基準点に到達するまで効率的に勉強できるはずです。

過去問を利用する時の注意事項とは

登録販売者において過去問に向き合うのは、単純にこれまでの教科書や参考書の学習で得た知識の再確認をすることに尽きるものではありません。理解していたと錯覚していた知識を正しく理解し、いろいろな角度で出題される問題にも対応できる応用力を身に付けるためでもあります。過去問には登録販売者として身に付けておくべき知識が多面的な方向から設問され出題されています。

出題されやすい論点や頻出問題が明らかになりメリハリのついた効率的な学習が可能になります。いきなり過去問に向き合うことに不安を覚えるかもしれません。しかし実際には本試験の問題を解いてみることで、教科書の理解も定着し記憶にも残りやすくなる効果もあります。

とにかく知識の詰め込みを優先すると、過去問に着手する時期が遅れるばかりでなく本試験に苦手意識を以て向き合うことになるのです。よく過去問を解き始めると、正解率はどれほどか合格ラインに達しているのか、ばかりを気にする受験生もいます。

しかし過去問は現時点での知識の理解の程度を確認し、苦手分野を炙りだすことにこそ意義があります。正解率に一喜一憂することなく、淡々と知識の確認と苦手分野をできる限り攻略することに心がけてください。出題範囲が広いので途方に暮れるかもしれませんが、満点や高得点を獲得することが合格の必須条件ではありません。7割以上の得点と足きりラインを突破することに意識を集中して学習に向き合うのが短期合格のコツです。

 

登録販売者は薬局などで医薬品を販売できる公的資格です。取得するには都道府県単位で開催されるマ-クシート式試験について合格基準点を突破する必要があります。学習において教科書や参考書が重要なのは確かですが、早期から過去問を実際に解いてみて知識を効率的に習得することがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧