登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者としてキャリアアップしたい!販売以外に活かせる仕事は?

製薬会社や医療機関、調剤薬局などでは、有資格者を対象とした教育プログラムを用意しているところが多くあり、集合研修や先輩社員による職場内での教育を通じて、営業や事務、薬剤師の補助などさまざまな業務に就くことが可能です。

医薬品の基礎知識を持つ人を歓迎する製薬会社もある

登録販売者の資格を活かしたい場合には、医薬品の基礎知識を持つ人を歓迎している製薬会社の取り組みについて調べることがおすすめです。特に、大手の製薬会社の中には、各地の病院やクリニックを対象とした営業担当者の募集をしているところが多くあり、最低限の業務経験や能力があれば、ドラッグストア以外で働いたことがない人も、無理なく業務をこなすことができます。

最近では、登録販売者をはじめとした薬剤師以外の資格を持つ従業員を対象とした研修に力を入れているところもあり、働きながら順調にスキルを習得するうえで、じっくりと職場選びをすることがおすすめです。

また、営業などさまざまな立場の顧客や取引先とコミュニケーションを取る機会が多い職種に就きたい場合には、医薬品に関する専門知識を得るだけでなく、一通りの営業トークをマスターすることも大事です。各地の製薬会社で活躍している社員の体験談については、さまざまなメディアで紹介されることがあるため、求職中に積極的に評判が良い会社の情報を集めておきましょう。

なお、製薬会社においてはフルタイムの働き方がメインとなることから、子育てや家事と両立しやすい職場を見つけることが肝心です。

調剤薬局で薬剤師の補助をすることもできる

街中にある小規模な調剤薬局の中には、薬剤師の補助を担当する登録販売者の求人募集をおこなっているところが少なくありません。特に、ドラッグストアや長年にわたり医薬品の販売に携わったことがある人や、さまざまな種類の医薬品の知識が豊富な人については、好条件で採用されるケースもあるため、妥協をせずに職場探しをすることがおすすめです。

また、調剤薬局における薬剤師の補助の仕事内容については、薬剤師の人員配置や他のスタッフの人数などによって大きく異なるため、面接を受ける際に職場見学を希望すると良いでしょう。

ベテランの有資格者の受け入れに積極的な調剤薬局では、定期的に求職者を集めて業務に関する説明会や相談会を開催しているところもあるため、職場探しに悩んでいるときには、求職中にこうしたイベントに顔を出すのも良いでしょう。もしも、薬剤師の補助の経験がない人であれば、基本的な業務に必要な知識を学べる研修がおこなわれているところや、先輩の薬剤師に仕事上でフォローを受けられるところを探してみましょう。

その他、就職活動を進めるうえで、調剤薬局に勤務する登録販売者の役割について詳しく知っておきたいことがあれば、必要に応じて医療系の求人を専門に掲載しているサイトを使ったり、人材紹介会社にサポートをお願いしたりすることも大切です。

医療機関で事務作業をする際に資格が役立つことも

登録販売者の資格は、医療機関で事務作業をする際に役立つことがあり、各地で実績がある総合病院やクリニックの中には有資格者の受け入れを強化しているところがたくさんあります。そこで、ドラッグストアだけでなくさまざまな職場の登録販売者の仕事内容について把握したい人は、早いうちから医療機関で実際に事務作業を担当している職員の体験談を参考にすることがおすすめです。

また、さまざまな職種の職員が働いている大規模な医療機関においては、個々の年齢や業務経験、得意分野などに応じて教育がおこなわれることもあり、将来にわたり順調にキャリアアップを果たすことができるようになっています。そうした中、それぞれの医療機関が登録販売者に求めるスキルについて把握をするうえで、日ごろから各医療機関の求人情報をチェックしたり、直接人事の担当者に電話やメールで問い合わせたりすることがとても大切です。

なお、就職後の給料に関するトラブルを防ぐために、さまざまな方法で複数の医療機関の待遇を比較して、希望の収入が得られるかどうか確認をしてみましょう。

 

登録販売者の活躍が期待されている職場の数は全国的に増えており、多種多様な医薬品に関する専門知識を活かしながら、販売以外にも営業や事務などの業務にチャレンジをすることが可能です。また、大手の製薬会社や医療機関などでは、一人ひとりのスタッフが順調にキャリア形成を図れるように、万全な研修を実施するところも増えており、業務に直結する知識や技術を得ることで、不安なく業務に取り組むことができます。

登録販売者の求人に応募をする際は、待遇や研修の内容を確認するだけでなく、実際に興味がある医療の現場で働いている人に感想を聞いたり、事前に職場見学をしたりすることもおすすめです。その他、キャリアアップに必要な期間には個人差があるため、就職活動を通じて、できるだけ長期的な研修を受けられるところを探すことがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧