登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

ブランクがある人の注意点は?求人選びのポイントを解説!

就職や再就職を考えたとき、最初に不安を感じるのがブランク期間についてです。病気やケガ・育児の為になくなく離職を余儀なくされた方は日本でも多く存在しています。どれだけ長いブランクがあっても再就職を実現させるために、求人選びのポイントや採用されやすい条件・面接のアドバイスなどをご紹介します。

ブランク有で再就職が不安な看護師の方へ

日々進化し続けている医療現場は、看護師としての実務経験がある人でも離職期間が長引けばたちまち最新技術に追いつけなくなってしまいます。特に看護師という仕事は人命に関わる重要な責任が伴う仕事だけに、ブランク期間が長いほど不安や緊張を感じてしまうものです。

しかしどんなに空白期間があったとしても、やる気と誠実さを大切にすれば採用してくれる病院は沢山あります。看護師が仕事を辞めてしまうおもな理由には、出産・育児がもっとも多いのが特徴です。

次に結婚・他の施設へ転職・職場関係のトラブルなどが挙げられます。出産や子育てが一段落してもう一度看護師の仕事を始めたいと願う女性は多く、ブランクがありながらも就職活動を始めている人がいます。

しかし子育ての間離職していた人の場合、短くても3年から5年は空白期間が存在することになります。再就職してもすぐに医療現場の環境に溶け込めるのか、即戦力となって働くことができるのか、看護技術が落ちていないかと不安に思う気持ちは皆同じです。

少しでもそんな不安を解消させるためにも、求人選びを行う上での注意やポイントがあります。それは「ブランクありでもOK」と記載されている求人や「研修制度あり」と記載されている求人を選んで募集するようにすることです。

医療現場では今看護師不足が問題となっています。例え長い離職期間があったとしても、実務経験のある看護師は非常に有難いものです。自身のスキルに自信を持ち、もう一度医療の現場で生き生きと働きましょう。

登録販売者のブランクはどの程度までなら許される?

登録販売者とは、2009年から施行された改正薬事法で定められた比較的新しい資格のことです。今までは薬剤師だけに認められていた一般用医薬品の販売資格を、第二類・三類に限り取り扱うことが認められています

登録販売者は医薬品に関する相談を受けた場合、しっかりと対応しなければならない義務が生じます。また相談がない場合でも必要な情報をより詳しく説明する義務もあるため、豊富な知識も求められる重要な職種です。

実務経験が2年以上ある登録販売者だけが売り場に立つことを許されていますが、この2年間のカウントには一定のルールが存在しています。具体的に述べると、直近の5年の間に薬剤師などの指導のもと研修を行い、登録販売者として24ヶ月以上の間月に80時間以上勤務したことがあることが条件です。

そのためパート勤務などで実務経験を積んだとしても、規定の時間数を超えることができなければ認められません。また体調不良や育児などの都合で離職していたブランク期間が5年以上ある人は、働いていた実績があってもカウントされないので注意が必要です。

登録販売者として就職や転職を考えている方は、ブランク期間を最長でも3年間未満にとどめておく必要があります。ブランク期間が長ければ長いほど転職には不利となり、採用される確率も大幅に減少してしまいます。資格取得の条件などをよく理解し、希望する会社への就職を有利にすることができるように努めましょう。

ブランク期間の長い人の面接時のコツやアドバイス

働いていないブランク期間が長いと、履歴書の職歴に空白の期間ができてしまい面接時に質問されると困ってしまいます。面接官は面接者の学歴や職歴・志望動機などを見て採用を決定するので、当然空白期間について質問をされます。ブランクの期間には人によっていろいろな事情を抱えていると思いますが、採用に不利になるかもしれないと空白期間の理由をごまかしてしまう人がいます。

無理に取り繕おうと嘘をついたりブランクをごまかしたりすると、場合によっては職歴を偽ることになり「経歴詐称」の罪に問われる危険性があります。もしそうなれば信頼関係は壊れて採用は難しくなり、社会的信用を失うことにもなりかねません。どのような事情であれ嘘をつかずに自分自身の職歴をしっかりと説明すれば、面接官にも誠意が伝わり採用してもらいやすくなるはずです。

ブランクがあっても採用されやすくするためには、離職期間を活かして何か新しいことにチャレンジしてみるといいでしょう。例えば運転免許証の資格を取得しに行くことや料理教室に通うこともいいです。難しい国家資格の勉強を始めたり、介護の資格取得を目指して学びに行くことだってできます。

何か資格を持つことは就職や転職にはとても有利になるので、空白期間をチャンスと捉え自身の資格取得やスキルアップの期間に変えていきましょう。そうすれば面接時に空白期間を指摘されても、おどおどせずに受け答えができるようになります。

 

空白期間が長いからといって諦めてしまう前に、今の自分の環境をよく見つめ直してしっかりと整理し、自分に合った条件の求人を見つけ出してもう一度社会復帰を可能にする為の努力を大事にしていきましょう。離職期間中をチャンスと捉えて新しいことに取り組めば、きっと活路は開けてくるはずです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧