登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者として働くなら年齢は関係ある?50代でも働ける!?



登録販売者は、年齢のハンデを感じることなく働ける職業として注目が集まっており、50代でも問題なく採用をおこなっている職場が全国各地にあります。中でもスタッフが不足しがちな街中のドラッグストアにおいては、定年を撤廃しているところや、シニア向けの求人を出しているところもあり、同じ職場で長く働ける環境が整いつつあります。

年齢関係なく新人教育に力を注いでいる職場も多い

登録販売者は、未経験でも医薬品に関するさまざまな仕事に携わることができることから、中年層の求職者の間で人気が高まっています。特に、新人教育に力を注いでいるドラッグストアにおいては、年齢関係なく業務に取り組めるように業務マニュアルを配布したり、指導経験が豊富なスタッフが教育を担当したりするところが目立ちます。

また、50代から登録販売者の資格を取ってドラッグストアで勤務を始めたい場合には、いろいろな職場の求人に目を通して、短期間のうちに効率良く業務に必要な事項をマスターできる研修がおこなわれているかどうか見極めることが肝心です。大手のドラッグストアの中には、いつでも先輩のスタッフに仕事上の相談ができるように、店内に教育担当者を配置したり、勤務後にさまざまな形でフォローアップをしたりしているところも多くあります。

なお、新人教育の実施期間や主な研修の内容については、各地のドラッグストアのスタッフの育成の方針や業務内容などに大きく左右されます。そのため、実際に仕事を始めてから悩まないようにするうえで、職場選びの際に身近なところにある店舗の特徴をよく理解することが肝心です。

シニア向けの好条件の求人を探してみよう

登録販売者の仕事は、一般的なドラッグストアの店員と比べて高待遇で働くことができ、薬剤師ほどではないものの、さまざまな機会に医薬品に関する業務に取り組めるためやりがいを感じたい人に向いています。最近では50代以上の求職者を対象としてシニア向け求人の募集をしているドラッグストアの数が全国的に増えており、過去に業務経験がない人も採用されやすい状況となっています。

たとえば、週に数回程度のパートタイムの雇用形態を選べるところは、子供の手が離れた主婦も無理なく働くことができ、資格を活かして高収入を得ることも可能です。また、登録販売者の人数が不足しているドラッグストアの中には、50代以上の新人のスタッフに対しても丁寧な指導をおこなったり、キャリアアップのための制度を新たに設けたりしているところが少なくありません。

そこで、シニア向けの好条件の求人に応募をしたい場合には、早いうちから大手の医療分野に精通した人材紹介会社などが運営している求人情報サイトを利用したり、直接各地のドラッグストアの求人担当者に問い合わせをしたりすることがおすすめです。

社会人経験が豊富な人は正社員にも採用されやすい

社会人経験が豊富な50代の登録販売者は、各地のドラッグストアで正社員として採用されやすく、業務内容や役職によっては将来にわたり、安定収入を得ることもできます。そうした中、ドラッグストアで自分に合った働き方を選びたい人は、実際に各地の評判が良い店舗で長く働いているベテランの感想を参考にしたり、医療分野の就職相談会などに足を運んだりすることがおすすめです。

また、正社員として採用されるための条件については、それぞれのドラッグストアの人事の方針や有資格者の欠員状況などに大きく影響を受けるため、余裕を持ってそれぞれの事業所の現状を把握することが大切です。また、50代の登録販売者が活躍しているドラッグストアの特徴については、さまざまなメディアで度々取り上げられることもあるため、隙間時間を使って働きやすい職場を見極めると良いでしょう。

なお、正社員が主に担当する仕事の幅の広さについては、実際に働き始めてからでないと分からないこともあります。そこで、継続して自分の仕事に責任を持って取り組むために、採用前にきちんと担当者と話し合いをしたり、採用後におこなわれている研修の内容について調べたりすることが肝心です。

 

50代の登録販売者が安心して仕事に取り組める環境が整っているドラッグストアの数は年々増加傾向にあります。特に、都市部においては若手のスタッフが慢性的に不足しているドラッグストアが多くあり、年齢を気にせずに働き始めることができます。

また、全ての登録販売者を対象とした業務研修がおこなわれているところや、親身になって相談に乗ってくれる有資格者がいるところは、50代の転職希望者の間で人気が出やすい傾向があります。そのため、少しでも好条件のドラッグストアに勤務をしたい人は、早いうちに求人に応募をすることがおすすめです。

求人の応募条件については、それぞれのドラッグストアの店内のスタッフの人数や、欠員の状況などに左右されやすいため、余裕を持って興味がある事業所の情報を集めることが肝心です。その他、ドラッグストアの雇用形態には、正社員の他にパートタイムなどさまざまなものがあるため、自分に合う働き方を探しましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧