登録販売者の求人を探している方向けに、おすすめな求人・転職情報サイトをランキングで紹介しています。

登録販売者とは?未経験者でも目指しやすいおすすめ資格

医療関連の資格は安定した仕事に就けるチャンスが多いとして人気がありますが、中でも近年注目を集めているのが登録販売者の資格です。医業・薬業に関する規制緩和の流れを受け、就業の機会も増加しています。ここでは、登録販売者とはどのような資格であるのか、そして資格を生かしてどのような働き方が可能であるのか説明します。

登録販売者は医薬品の販売に関わるスペシャリスト

登録販売者とは、2009年に創設された比較的新しい公的資格です。国の法律に根拠を置く国家資格ですが、試験の実施や資格の認定などは都道府県知事がこれを行います。

この資格は、医薬品の販売を業とする際に必要とされる資格の1つです。医薬品は人の健康に重大な影響を及ぼす可能性のある商品であるため、その取扱いには特別な注意が必要となります。しかしながら、薬物に関する知識は非常に専門性が高いので、一般の消費者にはそれを知る機会があまりありません。そのため、製造者と消費者の間に立ち、専門的な知識を駆使して助言や指導などを行うスペシャリストの存在が必要になります。

このようなスペシャリストは、従来はもっぱら薬剤師という国家資格を持つ者が担当していました。しかし、薬剤師は医師などと並ぶ難関資格の1つであり、大学の薬学部等で長期にわたる学習期間を経た上で国家試験に合格しないと取得できません。

また、有資格者は製薬会社や医療機関、研究施設などさまざまな場所に就業の機会があるため、医薬品の販売事業者の間では薬剤師の慢性的な人材不足が課題となっていました。こうした背景を受け、創設されたのが登録販売者制度です。

薬剤師とまったく同等ではありませんがそれに近い業務を担当し、しかも薬剤師に比べると取得しやすく、学歴による受験制限などもないため、年々人気が高まってきています。

効能や副作用のリスクなどの説明を担当

登録販売者の具体的な業務内容はどのようなものかというと、医薬品の販売です。といっても、単にレジを操作したり、商品を包装したりするだけではありません。

医薬品は傷病の軽快や治癒を目的とするものでありながら、使い方を誤ると逆に健康被害をもたらすおそれがあるという、特殊な性質を持っています。また、用法・用量を正しく守っていても時には副作用のリスクにさらされることがあります。こうしたことから、医薬品を販売する際は購入者への正しい情報提供がことのほか重要です。

登録販売者は、販売時におけるこの情報提供を主な業務としています。現在、わが国の市場に出回っている医薬品は、注意の必要性が重大となる順に第一類・第二類・第三類という3種類に分類されます。このうち第二類及び第三類については、購入者から相談があった場合は販売者が必ず情報提供をしなければなりません。

そして、この情報提供を行うことができるのは、薬剤師か登録販売者のいずれかのみであると法律で定められています。つまり、登録販売者の仕事は、専門知識を生かした接客サービスであるといえるでしょう。

なお、最も取扱いに注意が必要な第一類医薬品に関する情報提供は、薬剤師のみの独占業務とされています。ただし、市中に出回っている医薬品の約9割は第二類及び第三類のいずれかに該当するため、登録販売者の扱える商品は広範囲にわたります。

登録販売者が活躍できる場所は年々多様化している

医薬品の販売時における情報提供は薬剤師または登録販売者のみに認められていることから、登録販売者が活躍する場所は数多く存在します。その代表的な例は、薬局・薬店・ドラッグストアです。しかし、近年ではコンビニエンスストアやホームセンター、家電量販店などの中にも薬品販売コーナーを設けるところが増えてきているので、そうした場所でも需要があります。

さらに、2014年からは医薬品のネット販売が一部解禁されたため、通販サイトの中にも医薬品を扱うところが出てきています。こうした事業者の間でも、登録販売者を採用する動きが顕著です。

登録販売者の資格を取得するには、都道府県知事が実施する試験に合格した後、各自治体が整備する名簿に登録される必要があります。試験は毎年1回行われ、かつては学歴等による受験資格の制限がありましたが、現在では誰でも受験することが可能となりました。

また、実務経験も必要ありません。そのため、医薬品に関わる仕事はまったく未経験だが資格を取得して転職したい、学生時代に取得しておいて就職時のアピールポイントにしたい、といった動機での受験も可能です。

ただ、実務経験のある人もその経験は決してムダにはなりません。というのも、資格取得前あるいは取得後に一定年数以上の実務経験を持つ人は、登録販売者の中でもマネージャー的な役割を担う「店舗管理者」になることができるからです。

 

登録販売者は、薬局や薬店、コンビニエンスストアなどで医薬品を販売する際に情報提供を行うスペシャリストです。資格がないと従事できませんが、学歴・経験不問で受験できるので、薬剤師などに比べると手軽にキャリアアップを目指すことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧